Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の12 後朱雀天皇御悩大事にならせおはしまして位を東宮に譲り奉り・・・

校訂本文

後朱雀天皇、御悩大事にならせおはしまして、位を東宮1)に譲り奉り、後三条院2)を東宮に立て奉り給ふに、宇治殿3)を召して、二所の御事を仰せおかせ給ひけるに、御門の御事をば、畏まり申させ給て、東宮の御事を仰せられける時は、御返事申させ給はず、不受の色におはしけり。

この宮の御事、おろかなるべきにはあらねども、心を二君に分つべからざるよしなり。

翻刻

十五後朱雀天皇御脳大事ニナラセオハシマシテ、位ヲ東
    宮ニ譲タテマツリ、後三条院ヲ東宮ニ立奉給ニ宇
    治殿ヲ召テ、二所ノ御事ヲ仰置セ給ケルニ、御門
    ノ御事ヲハ畏申サセ給テ、東宮ノ御事ヲ被仰
    ケル時ハ御返事申サセ給ハス、不受ノ色ニオハシケ
    リ、此宮ノ御事ヲロカナルヘキニハアラネトモ、心ヲ二
    君ニワカツヘカラサル由也、/k49
1)
親仁親王・後冷泉天皇
2)
尊仁親王・後三条天皇
3)
藤原頼通
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-12.txt · 最終更新: 2016/01/05 16:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa