Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の55 法性寺殿皇嘉門院を具し参らせ給ひて・・・

校訂本文

法性寺殿1)、皇嘉門院2)を具し参らせ給ひて、宇治へ入り参らせ給ひける時、宇治川のはた近く、女房の車を悪しくやりて、打ち返したることありけり。

いみじきさはぎにて、女房、あるは小袖に袴ばかり着て、脱げて落ちたり。あるは額を突き欠きなどして、おのおの心も失せて、あるにもあらぬ気色なるに、美作といふ人の、衣着ながら落ちて、扇をさし隠して、いみじけに居たるだにあさましきに、殿の御輿をつかはして、一人づつむかへ給ひけるに、美作、乗るとて、「不祥とや申すべき、栄耀とや申すべき」と言ひて、気色ばみたりけるに、よろづの人、あさましきことに言ひけり。

いらなさも折によるべきものなり。これはさし過ぎたるにはあらねども、上手めき、にくいげしたるすぢも同じことなり。

この美作は、武蔵といふ経読みの娘なりけり。

翻刻

法性寺殿皇嘉門院ヲクシマイラセ給テ宇治ヘ
入マイラセ給ケル時、宇治川ノハタ近ク女房ノ車ヲ
アシク遣テ打返シタル事有ケリ、イミシキサハキニ
テ、女房或ハ小袖ニ袴ハカリキテヌケテ落タリ、或
ハ額ヲツキカキナトシテ各心モウセテ、有ニモアラヌ
気色ナルニ、美作ト云人ノ衣キナカラ落テ、扇ヲサ
シカクシテ、イミシケニ居タルタニ浅マシキニ、殿ノ御
輿ヲ遣シテ一人ツツムカヘ給ケルニ、美作乗トテ不
祥トヤ申ヘキ、栄耀トヤ申ヘキト云テ、ケシキハミ
タリケルニ、ヨロツノ人アサマシキ事ニ云ケリ、イラナ/k97
サモ折ニヨルヘキ物也、是ハサシスキタルニハアラネトモ、上
手メキニクイケシタル筋モ同事也、此美作ハ武蔵ト云
経読ノ娘ナリケリ、/k98
1)
藤原忠通
2)
藤原聖子
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-55.txt · 最終更新: 2015/10/07 23:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa