Recent changes RSS feed

十訓抄 第二 驕慢を離るべき事

2の2 おほかた世にある道のわづらはしく振舞ひにくきこと・・・

校訂本文

おほかた、世にある道のわづらはしく、振舞ひにくきこと、薄氷を踏むよりもあやふく、けはしき流れに棹さすよりも、はなはだしきものなり。

荘子、山を過ぎ給ふに、木を切る者あり。直(すぐ)なるをば切りて、ゆかめるをば切らず。また、人の家に宿り給ふに、雁二つあり。主、よく鳴くをば生け、よく鳴かざるをば殺しつ。

明くる日、弟子、荘子に申していはく、「昨日、山中の木は、直(すぐ)なるを切りて、ゆがめるをば切らず。また、家の二つの雁は、よく鳴くをは生け、鳴かざるをば殺しつ。よき木も切られ、よく鳴かざる雁も殺されぬ」と申せり。荘子のいはく、「世中のためし、これにあり」と答へ給へり。

かかるにつけても、よく驕慢1)を捨てて、身をつつしむべしと見たり。

文集2)詩にいはく、

  木雁一篇須記取

  致身材与不材間

とあるはこれなり。

また、陸士衡3)4)文賦には、

  在木闕不材之質

  処雁乏善鳴之分

ともあり。

また、藤原篤茂か長句にも

  昨日山中之5)木 材取於己、

  今日庭前之花 詞慙於人

翻刻

大方世ニアル道ノワツラハシク振舞ニクキ事、薄氷ヲ
踏ヨリモアヤウク、ケハシキ流ニサホサスヨリモ甚キ物
ナリ、荘子山ヲ過給ニ、木ヲ切モノアリ、直ナルヲハ切テ/k104
ユカメルヲハキラス、又人ノ家ニヤトリ給ニ雁二アリ、主
ヨク鳴ヲハ生ケ能鳴サルヲハ殺シツ、明ル日弟子荘
子ニ申云、昨日山中ノ木ハスクナルヲ切テユカメルヲハ
キラス、又家ノ二ノ雁ハヨク鳴ヲハイケ鳴サルヲハ殺
シツ、吉木モキラレ能鳴サル雁モ殺サレヌト申セリ、荘
子ノ云、世中ノタメシ此ニアリト答給ヘリカカルニツケテ
モ能憍慢ヲステテ身ヲツツシムヘシト見タリ、文集詩
云、
  木雁一篇須記取 致身材与不材間
トアルハ是也、又陸士衡カ加文賦ニハ、/k105
  在木闕不材之質 処雁乏善鳴之分
トモアリ、又藤原篤茂カ長句ニモ
  昨日山中木材取於己、今日庭前之花詞慙於人/k106
1)
底本「憍慢」。以下すべて同じ。「憍」は「驕」の異体字。
2)
白居易『白氏文集』
3)
陸機
4)
底本、「陸士衡カ加」。衍字と見て訂正。
5)
底本「之」なし。
text/jikkinsho/s_jikkinsho02-02.txt · 最終更新: 2015/10/10 03:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa