Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の4 六条前斎院ときこへさせ給ける宮の御所に・・・

校訂本文

六条前斎院1)ときこへさせ給ける宮の御所に、いみじき懸りを植ゑられたりけり。三月の始めつかた、その道の上達部・殿上人、あまた参りて、鞠つかうまつりけるに、夕べになりて、公卿の座に雪を土器(かはらけ)に盛りて、主殿司(とのもづかさ)して、据ゑ置かれけるを、雪とも見分かざりけるにや、「鞠の座に食物をすすめらるること、そのためしまれなり。いかやうにか」とあやしみ申して、おのおの出でられにけり。

ある有識(いうそく)、のちにこのことを聞きて、「いみじくこそ、雪をば出だされにけり。さることあるらんとも知らで、近く寄りて見る人のなかりける、ゆゆしき恥なり。また、鞠の時、雪を出さるる、さだまれる式なれども、ことさらに土器に盛られたりけるは、人の心をはかりて御覧ぜんとの御しわざなり」とぞ申しける。

宮の御高名、鞠足の不覚にてぞありける。

翻刻

四六条前斎院トキコヘサセ給ケル宮ノ御所ニ、イミシキ
  カカリヲ殖ラレタリケリ、三月ノ始メツカタ、其道ノ
  上達部殿上人アマタ参テ、鞠ツカフマツリケルニ、夕
  ヘニナリテ、公卿座ニ雪ヲカハラケニモリテ、トノモ
  ツカサシテ、スヘヲカレケルヲ、ユキトモ見ワカサリケル
  ニヤ、鞠ノサニ食物ヲススメラルル事ソノタメシマレナ
  リ、何様ニカトアヤシミ申テ、各出ラレニケリ、或有識
  後ニ此事ヲ聞テ、イミシクコソ雪ヲハ出サレニケ
  リ、サル事アルラントモシラテ、近クヨリテ見ル人
  ノナカリケル、ユユシキ恥也、又マリノ時雪ヲ出/k119
  サルル定レル式ナレトモ、コトサラニ、カハラケニモラ
  レタリケルハ、人ノ心ヲハカリテ御ラムセントノ御シハ
  サナリトソ申ケル、宮ノ御高名、鞠足ノ不覚ニテ
  ソアリケル、/k120
1)
禖子内親王
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-04.txt · 最終更新: 2016/01/30 22:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa