Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の16 信濃国はきはめて風はやきところなり・・・

校訂本文

「信濃国はきはめて風はやきところなり。これによりて、諏方明神の社に風の祝(はふり)といふものを置きて、深く籠め据ゑて、いはひ置きて、百日の間、尊重することなり。しかれば、その年、風静かにて、農業のためにめでたし。おのづから、隙間もあり、日の光も見せつれば、風おさまらすして悪し」といふことを、能登大夫資基1)といふ人聞きて、「かくのごとく承る。これを歌に詠まんと思ふ」と、俊頼2)に語りければ、俊頼、答へていはく、「無下に俗に近し。かやうのこと、さらに思よるへからず。不便、不便」と言ひければ、その旨を存ずる所に、俊頼、のちにこのことを詠みける、

  信濃なる木曽路の桜咲きにけり風のはふりにすきまあらすな

もっとも腹黒3)きことか。五品4)、後悔しけり。

翻刻

十七信濃国ハ極テ風ハヤキ所也、是ニヨリテ諏方明神
    ノ社ニ風祝ト云モノヲ置テ、深クコメスヘテイハヒヲキ
    テ、百日ノ間尊重スル事也、シカレハ其年風静ニテ、農
    業ノタメニ目出シ、自ラスキマモアリ、日ノ光モミセツレハ、
    風オサマラスシテアシト云コトヲ、能登太夫資基ト
    云人聞テ、如此承ル是ヲ哥ニヨマント思フト俊頼
    ニカタリケレハ、俊頼答テ云、無下ニ俗ニ近シ、カヤウ/k135
    ノコト更ニ思ヨルヘカラス、不便不便ト云ケレハ、其旨ヲ
    存スル所ニ、俊頼後ニ此事ヲヨミケル、
      信濃ナル木曽路ノ桜咲ニケリ、風ノハフリニスキ
      マアラスナ、
    尤腹迷事歟、五品後悔シケリ、/k136
1) , 4)
藤原資基
2)
源俊頼
3)
底本「腹迷」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-16.txt · 最終更新: 2016/02/06 21:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa