Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の14 同じき式部が女小式部内侍この世ならずわづらひけり・・・

校訂本文

同じき式部1)が女(むすめ)、小式部内侍、この世ならずわづらひけり。

かぎりになりて、人顔なども見知らぬほどになりて、臥したりければ、和泉式部、かたはらにそひて、額(ひたひ)をおさへて泣きけるに、目をわづかに見開けて、母が顔をつくづくと見て、息の下に、

  いかにせんいくべき方もおもほえず親に先立つ道を知らねば

と、わななきたる声にて候ひければ、天井の上に、「あくびさしてやあらん」と思ゆる声ありて、「あな、あはれ」と言ひてけり。

さて、身のあたたかさも冷めて、よろしくなりにけり。

翻刻

十三同式部カムスメ小式部内侍此世ナラスワツラヒケリ、限ニ
    成テ、人カホナトモミシラヌホトニナリテ、臥タリケレハ、和泉
    式部カタハラニソヒテ、ヒタイヲヲサヘテ泣ケルニ、目ヲワ
    ツカニミアケテ、母カカホヲツクツクトミテ、イキノシタニ、
      イカニセンイクヘキ方モオモホエス、オヤニサキタツ道ヲシラネハ
    トワナナキタルコエニテ候ケレハ、天井ノ上ニアクヒサシテヤア
    ラントオホユルコエアリテ、アナ哀ト云テケリ、サテ身ノ
    アタタカサモサメテ、ヨロシク成ニケリ、/k50
1)
和泉式部。前話参照。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-14.txt · 最終更新: 2016/03/12 16:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa