Recent changes RSS feed

十訓抄 第五 朋友を撰ぶべき事

5の14 卓王孫が娘に卓文君と聞し人家富みければ・・・

校訂本文

卓王孫が娘に、卓文君と聞し人、家富みければ、もてなし、ありさま、ことなりける上、姿、人にすぐれたりけり。眉は遠山をうつし、胸は玉かとぞ見えける。

時に、司馬相如といひける男、身は貧なりけれども才に富めり。琴をもよく弾きけり。文君、これにめでて、かの男にあひにけるを、父母、いさむれども聞き入れず。

相如が貧家に行きて世を渡るあひだ、父、文君がゆくえを知らざりけるほどに、相如、つひに世に仕へて文園令となりて、いみじかりければ、父、娘の咎(とが)をゆるしてけり。

これまた数寄の道なれば、一筋に定めがたし。

惟喬親王「聴弾琴詩」にいはく、

  相如昔挑文君得

  莫使簾中子細聴

ある文にいはく、「妻は斉なり」。いふ心は、上一人より下庶人にいたるまで、夫の心に等しきがゆゑなり。その心、もし背く時は、家亡ぶといへり。

されば、妻夫の中は、悪しきことをばともにいさめ、吉(よ)きことをば互ひに勧めて、この世には家を納むる徳を乱さず、後世には道を勧むる善知識なるべし。

翻刻

十三卓王孫ガ娘ニ卓文君ト聞シ人、家冨ケレハモテナ
    シアリサマコトナリケル上姿人ニスクレタリケリ、
    眉ハ遠山ヲウツシ胸ハ玉カトソミエケル、時ニ司馬
    相如ト云ケル男、身ハ貧ナリケレトモ才ニトメリ、琴
    ヲモヨクヒキケリ、文君是ニメテテ彼男ニアヒニ
    ケルヲ、父母イサムレトモ不聞入、相如カ貧家ニ行
    テ世ヲワタル間、父文君カユクエヲシラサリケル
    ホトニ、相如遂ニ世ニ仕テ文園令トナリテイミシカ
    リケレハ、父娘ノ咎ヲユルシテケリ、是又スキノ道
    ナレハ一筋ニ難定、惟高親王聴弾琴詩云/k20
      相如昔挑文君得、 莫使簾中子細聴
    或文云、妻ハ斉也、云心ハ上一人ヨリ下庶人ニ至マテ
    夫ノ心ニヒトシキカ故也、其心若背時ハ家亡ト云リ、
    然ハ妻夫ノ中ハアシキ事ヲハ共ニイサメ、吉事
    ヲハタカヒニススメテ、此世ニハ家ヲ納ムル徳ヲ
    不乱、後世ニハ道ヲススムル善知識ナルヘシ、/k21
text/jikkinsho/s_jikkinsho05-14.txt · 最終更新: 2015/12/09 21:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa