Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の19 武正といふ舎人のかなしくしける子のわづらふことありて・・・

校訂本文

武正1)といふ舎人の、かなしくしける子のわづらふことありて、麝香(じやかう)を求めけるに、善きを尋ねえざりければ、とかく思ひまはしけれど、「さるべき人も心の底さばかりにこそ」とおしはかられて、色に出でざりけり。

思ひかねて、「侍従大納言2)ばかりこそ、優(いう)の人におはすれ。さりとも」と思ひて、かしこに参りて、中門の方(かた)にたたずみ見入れたれば、ことのほかに古くからさびたる家の、寝殿の隅所々破(や)れたるに、空薫(そらだき)の香、心にくく香りて、まことに優なり。

とばかりありて、扇をうち鳴らして、階隠(はしかくし)の間に進む。「何ごとに来られたりけるぞ」と問ひ給ひければ、「しかじかのことの侍り」など聞こえけり。まづ世の中の物語などし給ひけるほどに、御簾の破れより見ければ、白き衣、赤袴着給ひて、うや烏帽子してぞ居給ひたりける。

出でんとしける時、紫の七重薄様に、薬包みに押し包みして投げ出だされたりし、「心に染みて優に思えし」と語り侍りける。

翻刻

武正ト云舎人ノ、悲シクシケル子ノ、ワツラフ事有テ、
麝香ヲ求メケルニ、善ヲ尋得サリケレハ、トカク思マ
ハシケレト、サルヘキ人モ心ノソコサハカリニコソトヲシハカ
ラレテ色ニ出サリケリ、思カネテ侍従大納言ハカリ
コソ、優ノ人ニオハスレ、サリトモト思テ彼コニ参テ中
門ノカタニタタスミ見入タレハ、事外ニフルクカラサヒ
タル家ノ寝殿ノスミ所々破タルニ、空タキノ香心ニ
ククカホリテ、マコトニ優ナリ、トハカリ有テ扇ヲウチ/k43
鳴シテハシカクシノ間ニススム、何コトニ来ラレタリケ
ルソト問給ケレハ、シカシカノ事ノ侍ナト聞エケリ、先ツ
世中ノ物語ナトシ給ケル程ニ、御スノ破レヨリ見ケレ
ハ、白キ衣赤袴キ給テウヤエホシシテソ居給タリ
ケル、出ントシケル時、紫ノ七重ウスヤウニ薬ツツミニ
ヲシ裹シテ投出サレタリシ心ニシミテ優ニオホエシ
ト語侍ケル、/k44
1)
下毛野武正
2)
藤原成通
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-19.txt · 最終更新: 2015/09/05 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa