Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の15 江挙周和泉の任去りてのち病重かりけり・・・

校訂本文

江挙周1)、和泉の任去りてのち、病重かりけり。住吉の御たたりあるよしを知りて、その母、赤染衛門、

  かはらんと祈る命は惜しからでさても別れんことぞかなしき

と詠みて、幣(みてぐら)に書きて、かの社に奉りければ、その夜、夢に白髪の老翁ありて、この幣を取ると見て、病癒えぬ。

翻刻

十四江挙周和泉ノ任サリテ後、病重カリケリ、住吉御タタリ
    アルヨシヲ知テ、其母赤染衛門/k50
      カハラントイノル命ハオシカラテ、サテモワカレン事ソカナシキ
    ト読テミテクラニ書テ、彼社ニ奉リケレハ、其夜夢ニ白
    髪ノ老翁有テ、此幣ヲ取ト見テ病イエヌ、/k51
1)
大江挙周
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-15.txt · 最終更新: 2016/03/12 16:04 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa