Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の77 白河院の御時九重塔の金物を牛の皮にて作れりといふこと・・・

校訂本文

白河院1)の御時、「九重塔の金物を、牛の皮にて作れり」といふこと、世に聞こえて、修理したる人、定綱朝臣2)、ことにあふべきよし、聞こえたり。

仏師なにがしといふもの召して、「たしかに、まこと・そらごとを見て、ありのままに奏せよ」と仰せられければ、承りて上りけるを、半(なか)らのほどより返り下りて、涙を流して、色を失ひて、「身のあればこそ、君にも仕へ奉れ。肝心失せて、黒白見分くべき心地も侍らず」と言ひもやらず、わななきけり。

君、聞こしめして、笑はせ給ひて、ことなる沙汰なくて、やみにけり。

かの韋仲将3)が、凌雲台に上りけん心地も、かくやありけんと思ゆ。

時の人、いみじき嗚呼(をこ)のためしに言ひけるを、顕隆卿4)聞きて、「こやつは必ず冥加あるべき者なり。人の罪蒙るべきことの罪を知りて、みづから嗚呼の者となれる、やんごとなき思ひはかりなり」とぞ、ほめられける。

まことに久しく君に仕へ奉りて、ことなかりけり。

翻刻

七十九白河院御時九重塔金物ヲ、牛ノ皮ニテ作レリト云
      事世ニキコエテ、修理シタル人定綱朝臣事ニアフ
      ヘキヨシ聞タリ、仏師ナニカシト云モノ召テ慥ニマコト
      ソラコトヲミテ、有ノママニ奏セヨト被仰ケレハ承テ上/k137
      リケルヲ、ナカラノ程ヨリ返リオリテ、涙ヲ流シテ色
      ヲ失テ、身ノアレハコソ君ニモ仕奉レ、肝心ウセテ黒
      白ミワクヘキ心地モ侍ラスト云モヤラス、ワナナキケリ、
      君聞食テワラハセ給テ、コトナル沙汰ナクテヤミニケ
      リ、彼韋仲将カ凌雲台ニ上リケン心地モカクヤ有
      ケントオホユ、時人イミシキオコノタメシニ云ケルヲ、顕
      隆卿聞テ、コヤツハ必冥加アルヘキモノ也、人ノ罪蒙ルヘ
      キ事ノツミヲ知テ、ミツカラ嗚呼ノモノトナレル、ヤン
      事ナキ思ハカリナリトソホメラレケル、誠ニ久ク君ニ仕ヘ
      奉リテ事ナカリケリ、又賞アルヘカラン事アナカチ/k138
1)
白河天皇
2)
藤原定綱
3)
韋誕
4)
藤原顕隆
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-77.txt · 最終更新: 2016/04/26 16:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa