Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の60 基綱卿年たけてのち帥になりて下されける時白河院・・・

校訂本文

基綱卿1)、年たけてのち、帥になりて下されける時、白河院、「年高くなりて、はるかにおもむく、心細く思しめす。琵琶の秘事など、誰にか伝へおける。聞こしめしおくべきことなり」と仰せられければ、「時俊2)・重通3)などに、形のごとく伝へ4)おき侍れども、その器に足らず侍れば、孫にて候ふ小女に、秘事の底をはらひて、教へおきて侍り。もし聞こしめすべきことあらば、かれを召すべし」と申し、下りにけり。

そののち、筑紫にて隠れ給ひければ、法皇5)、「かしこくぞ、尋ねおきてける」と思しめし出でて、かの小女を召して、琵琶を聞こしめすことありけり。いまだ色なりければ、柑子色(かうじいろ)の袴着て、鈍色(にぶいろ)の衣(きぬ)ども着て、掻き合はせより三曲まで、数を尽して弾きたりける、いとどめでたかりけり。

年は十三にて、いと小さかりければ、琵琶引の昔語6)、思ひやられて、あはれなりけり。

この小女は、尾張守高階為遠が女、輔の女(むすめ)の腹なり。のちの待賢門院7)に参りて、「尾張」とて候ひけり。

年たけてのち、尼になりて、大原にぞ住みける。二条院8)の御師のために召しけれども、籠り居にてのちなりければ、「今さらに」とて、忘れたるよし申して、参らざりけり。

この尾張、女房にて若かりける時より道心ありて、止観読まむの志ありて、歩行(かち)にて、小女童(こめのわらは)一人を具して、大原の良仁聖のもとへ行きつつ、習ひ読みけり。

ある時、さきざきのやうに来迎院へ参りたりけるに、例時のほどにて、御堂の局に入れて、「例時はてて、会はん」とありけるほどに、女房、心のうちに思ふやう、「深く学問の志あるによりて、身をやつして、かく常に詣づるに、志をあはれみて教へ給ふことはうれしけれども、聖の御ため、悪しき名や立ち給はんずらん。もししかれば、ゆゆしき罪にてありなんかし。さらば、かく詣づることは、今はさなくてやあるべき」など案じたるほどに、例時はてて、障子を引き開けておはして、「ただ今、心のうちに思はせ給ふこと、学問の退心、さらさらあるべくも候はず」と言はれけり。権者にておはしけるにや。

さて、女房、出家して、つひにここに住みけり。

翻刻

六十三基綱卿年タケテ後、帥ニナリテ下サレケル時、白河院
      年タカクナリテ遥ニオモムク心ホソク思食ス、比巴ノ秘事
      ナト、タレニカツタヘヲケル、聞食ヲクヘキ事ナリト被仰/k101
      ケレハ時俊重通ナトニ如形ツカヘヲキ侍レトモ、其器ニ
      タラス侍レハ、孫ニテ候小女ニ秘事ノ底ヲ払テ教ヘヲ
      キテ侍リ、モシ聞食ヘキ事アラハ、彼ヲメスヘシト申下ニ
      ケリ、其後筑紫ニテカクレ給ケレハ、法皇カシコクソ尋
      ヲキテケルト思食出テ、彼小女ヲメシテ比巴ヲ聞食事
      有ケリ、イマタイロナリケレハ、カウシ色ノ袴キテ、ニフイロノ
      キヌトモキテ、カキアハセヨリ三曲マテ数ヲツクシテ引
      タリケル、イトト目出タカリケリ、年ハ十三ニテ、イトチヰ
      サカリケレハ、比巴引ノ昔語思ヤラレテ哀ナリケリ、
      此小女ハ尾張守高階ノ為遠カ女輔ノムスメノ腹ナリ、/k102
      後ノ待賢門院ニ参テ尾張トテ候ケリ、年タケテ後
      尼ニナリテ、大原ニソスミケル、二条院ノ御師ノタメニメシケ
      レトモ、籠居ニテ後ナリケレハ、今更ニトテ忘タルヨシ申テ
      参サリケリ、此尾張女房ニテ若カリケル時ヨリ、道心ア
      リテ止観ヨマムノ志有テ、歩行ニテ、コメノワラハ一人ヲ
      具シテ、大原ノ良仁ヒシリノモトヘ行ツツ習ヒヨミケリ、
      或時サキサキノヤウニ来迎院ヘ参タリケルニ、例時ノ程
      ニテ、御堂ノ局ニ入レテ、例時ハテテアハント有ケル程ニ、
女房心ノウチニ思ヤウ、フカク学問ノ志有ニヨリテ、身
      ヲヤツシテカク常ニ詣ルニ、志ヲ哀ミテ教給事ハウ/k103
      レシケレトモ、聖ノ御タメアシキ名ヤ立給ハンスラン、モシ然ハ
      ユユシキ罪ニテ有ナンカシ、サラハカクマウツル事ハ、今ハサナ
      クテヤ有ヘキナト案シタル程ニ、例時ハテテ障子ヲ引ア
      ケテヲハシテ、只今心ノウチニ思ハセ給事、学問ノ退心更
      々有ヘクモ候ハストイハレケリ、権者ニテオハシケルニヤ、サ
      テ女房出家シテ遂ニココニ住ケリ、/k104
1)
源基綱
2)
源時俊
3)
源重通。信綱とも
4)
底本「つかへ」。諸本により訂正。
5)
白河院
6)
白居易「琵琶行」を指す。
7)
藤原璋子
8)
二条天皇
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-60.txt · 最終更新: 2016/04/09 21:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa