Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の35 別当入道惟方卿は二条院の御乳母子にて・・・

校訂本文

別当入道惟方卿1)は、二条院2)の御乳母子にて、世に重く聞こえける が、悪しく振舞ひて、後白河院3)の御いきどほり深かりければ、出家して、配所へおもむかれにけり。

そののち、同じく流されし人々、免されけれども、身一つは、なほ浮びがたきよしを伝へ聞きて、

  この瀬にも沈むと聞けは涙川流れしよりも濡るる袖かな

と詠みて、ふるさとへ送られたりけるを、法皇、伝へ聞こしめして、御心や弱りけん、さしも重く思しめしたりけるに、この歌によりて召し返されにけり。

翻刻

卅八別当入道惟方卿ハ二条院ノ御乳母子ニテ、世ニ重聞エケル
    カ、アシク振舞テ、後白河院ノ御イキトヲリ深カリケレハ、
    出家シテ配所ヘヲモムカレニケリ、其後同流シ人々ユルサレケレ
    トモ、身一ハナヲウカヒカタキ由ヲツタヘキキテ、
      コノセニモシツムトキケハ泪川、ナカレシヨリモヌルル袖カナ
    トヨミテ、古里ヘヲクラレタリケルヲ、法皇ツタヘ聞食テ、
    御心ヤヨハリケン、サシモ重ク思食タリケルニ、此哥ニヨリ
    テ召返サレニケリ、/k75
1)
藤原惟方
2)
二条天皇
3)
後白河法皇
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-35.txt · 最終更新: 2016/03/24 22:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa