Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の15 応神天皇八年(丁酉)夏四月に百姓の消息を・・・

校訂本文

応神天皇八年(丁酉)夏四月に、百姓の消息を知ろしめさんがために、大臣武内宿禰を筑紫に遣はしけるに、舎弟甘美内宿禰、奏し申さく、「臣が兄武内、常に天下を望む心あり。今、筑紫にありて、三韓を招き集めて、ひそかに謀反を企つ」と。

天皇、使を遣はして、大臣を誅せらる。ここに、大臣、「二心なくして、忠をもつて君に仕ふる1)。今、何ぞ罪なくして死なんや」と泣きけり。

時に、壱岐の直の祖真根子2)といふ人ありけるが、その形、大臣にあひ似たり。大臣に語りていはく、「願くは、朝に参りて、その罪なきことを訴へ申し給へ。われ、大臣にかはりて誅せられむ」とて、すなはち、進み臥して、みづから死ぬ。

大臣、ひそかに海路より朝廷に参る。ここに、天皇、兄弟二人を推問して、大臣の咎なきよしを知ろしめして、ことに寵し給ひけり。

かの漢の紀信、楚の郡の滎陽を囲めるとき、高祖にかはりて革車に乗りし忠臣にことならず。他人なれども、時に随ひて、身にかはる情けも、かくあるぞかし。

弟たりながら、連枝の昵(むつ)びを忘れて、謀り失はむとしけるこそ、「志かなふ時は、胡越も昆弟たり。志合はざる時は、骨肉も讐敵たり」といへる、かれこれ通ひて思ひ合はせらるれ。

また、陳思王、七歩の詩にいはく、

  煮豆燃其箕

  豆在釜中泣

  本是同根生

  相煮何太急

とあるぞ、かはらぬ喩ひと思ゆれ。

清輔朝臣3)は、「加階を望み申す」とて詠める歌、またこの詩に違(たが)はざりけり。

  梅の花同じ根よりは生ひながらいかなる枝の咲き遅るらん4)

武内大臣は仁徳天皇五十五年(丁卯)薨ず。景行天皇より以来、六代の朝に仕へて、征年二百八十二、在官二百四十四年なり。

翻刻

応神天皇八年(丁酉)夏四月ニ、百姓ノ消息ヲ知食ン
カタメニ、大臣武内宿禰ヲ筑紫ニ遣シケルニ、舎弟甘
美内ノ宿禰奏申サク、臣カ兄武内常ニ天下ヲ望
ム心アリ、今ツクシニ有テ三韓ヲ招集テ、ヒソカニ
謀反ヲ企ト、天皇使ヲ遣テ大臣ヲ誅ラル爰ニ
大臣二心無シテ忠ヲ以テ君ニ付ル、今何ゾ罪無シ
テ死ヤトナキケリ、時ニ壱岐ノ直祖根子ト云人ア
リケルカ、其形大臣ニ相似タリ、大臣ニ語云願ハ朝ニ
参テ其罪ナキ事ヲ訴申給ヘ、我大臣ニカハリテ誅
セラレムトテ、即ススミ臥テ自死ヌ、大臣ヒソカニ海路/k53
ヨリ朝庭ニ参ル、爰ニ天皇兄弟二人ヲ推問シテ、
大臣ノ無咎ヨシヲ知食テ殊ニ寵シ給ケリ、彼漢紀
信楚ノ郡ノ滎陽ヲカコメル時高祖ニカハリテ革車
ニノリシ忠臣ニ不異、他人ナレトモ時ニ随テ身ニカハル
ナサケモ、カクアルソカシ、弟タリナカラ連枝ノ昵ヲ忘
テハカリ失トシケルコソ、志カナフ時ハ胡越モ昆弟タ
リ、志不合時ハ骨肉モ讎敵タリト云ル、彼是カヨヒ
テ思合ラルレ、又陳思王七歩ノ詩云、
  煮豆燃其箕  豆在釜中泣、
  本是同根生  相煮何太急
トアルソ、カハラヌタトヒト覚レ、清輔朝臣ハ加階ヲ/k54
望申トテ読ル哥、又此詩ニタカハサリケリ、
  ムメノ花オナシネヨリハオヒナカラ、イカナル枝ノ
  サキヲリルラン、
武内大臣ハ仁徳天皇五十五年(丁卯)薨、景行天王ヨ
リ以来六代ノ朝ニ仕テ、征年二百八十二、在官二百
四十四年也、/k55
1)
「仕ふる」は底本「付る」。諸本により訂正。
2)
「真根子」は底本「根子」。諸本により訂正。
3)
藤原清輔
4)
「遅るらん」は底本「をりるらん」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-15.txt · 最終更新: 2016/01/07 00:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa