Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の9 二条院御遊びありけるに呂をかりて律に移りけるとき・・・

校訂本文

二条院、御遊びありけるに、呂をかりて、律に移りけるとき、御門、御琵琶にて、将律の音を弾かせ給ひけるに、ただうち聞けば、呂を調べにて、律の声弾くべきやうもなければ、「御失錯」と、しかるべき人々、かたぶき給ひけり。

ことはてて後、御帰りありて、「律にならむとする時、将律の音を弾くは定まれることなり。おのおの、かたぶき申す旨(むね)、いかに」と、仰せごとありければ、みな口を閉ぢて、述べ申す人なかりけり。

翻刻

二条院御遊アリケルニ、呂ヲカリテ律ニウツリケル
時、御門御比巴ニテ将律ノ音ヲヒカセ給ケルニ、只打
聞ハ呂ヲ調ヘニテ、律ノ声ヒクヘキヤウモナケレハ、
御失錯ト可然人々カタフキ給ケリ、事ハテテ後御
帰アリテ、律ニナラムトスル時、将律ノ音ヲヒクハ定
レル事也、各傾申旨イカニト仰事有ケレハ、皆口ヲ/k161
閉テノヘ申人ナカリケリ、/k162
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-09.txt · 最終更新: 2015/11/14 12:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa