Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の1 行基菩薩菅原寺の東南院にして終りをとり給ひける時・・・

校訂本文

行基菩薩、菅原寺の東南院にして、終りをとり給ひける時、弟子共に教へいましめていはく、「口の虎は身を破る。舌の剣(つるぎ)は命を断つ。口を鼻のごとくにすれば、のちあやまつことなし。虎は死して皮を残す。人は死して名を残す」。これを書き留(とど)めて、かの遺言と名づけて、今に伝ふ。

さて、その時読み給へる1)歌、

  法(のり)の月久しくもがなと思へども小夜(さよ)更けぬらし光隠しつ

かくて、身心安楽にて、終り給ひにけり。

『朝野僉載』にいはく、

  人死留名 虎死留皮

またいはく、

  口是禍門也 舌是禍根也

『養生経』にいはく、

  使口如鼻 終身勿事

などいはる文を思はへて、かやうにのたまへるにや。

また、『孝子伝』には、

  多言害身多事害神

とも見たれば、よくよくつつしみ、いましむべし。

また、人の寄り合ひて、うちささやきなむどせむ所へは、始めより交り居ざらむほかは、寄るべからず。おのづから悪しく行き合ひたりとも、さらぬやうにて立ち退くべし。

これ文の教へなり。

翻刻

行基菩薩菅原寺ノ東南院ニシテ終ヲトリ給
ケル時、弟子共ニ教ヘイマシメテ云ク、口ノ虎ハ身ヲ
破フル、舌ノツルキハ命ヲタツ、口ヲ鼻ノ如クニスレハ、後
アヤマツ事ナシ、虎ハ死テ皮ヲノコス、人ハ死テ名ヲ
残ス、是ヲ書トトメテ、彼遺言ト名テ、今ニツタフ、サ
テ其時読ヘル哥
  ノリノ月ヒサシクモカナト思ヘトモ、サヨフケヌラシヒカリカクシツ/k140
カクテ身心安楽ニテ終リ給ニケリ、朝野僉載云、
人死留名、虎死留皮、又云、口是禍門也、舌是禍根也、
養生経ニ云、使口如鼻、終身勿事ナト云ル文ヲ思ハヘ
テ、カヤウニノ給ヘルニヤ、又孝子伝ニハ、多言害身多
事害神トモ見タレハ、ヨクヨクツツシミ誡ムヘシ、又人ノ寄
合テウチササヤキナムトセム所ヘハ、始ヨリ交リ居サラ
ム外ハ、ヨルヘカラス、オノツカラアシク行合タリトモ、サ
ラヌヤウニテ立ノクヘシ、此文ノ教也、/k141
1)
底本「給」なし。諸本により補う。
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-01.txt · 最終更新: 2015/10/27 14:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa