Recent changes RSS feed

十訓抄 第五 朋友を撰ぶべき事

5の13 唐国の斉の閔王の后は宿瘤といひて賤民の娘なり・・・

校訂本文

唐国(からくに)の斉の閔王の后は、宿瘤といひて賤民の娘なり。

野に行きて、桑を取りけるを、王、狩りに出で、見給ひけるに、桑のみ取りて、王の行幸(みゆき)を一目だに見ざりければ、あやしみて、ゆゑを問ひ給ふに、「われ、親の命によりて桑を取るばかりなり。行幸を見るべきこと、かの教へにあらず」と申しけり。「いかにも、ただものにあらず」と知り給ひて、たちまちにいざなひ給ひければ、「家に帰りて、父母にこの由を申して、ゆるされをかうぶりて後、宣にしたがふべし」と申しけり。

かくいみじき心だてによりて、賤(あや)しく、かたはなる身ながら、后となりにけり。

翻刻

十二カラ国ノ斉ノ閔王ノ后ハ宿瘤ト云テ賤民ノ娘
    也、野ニ行テ桑ヲ取ケルヲ、王狩ニ出見給ケルニ、
    桑ノミトリテ、王ノミユキヲ一目タニ見サリケレハ、
    アヤシミテ故ヲ問給ニ、我オヤノ命ニヨリテ桑
    ヲ取許也、ミユキヲ可見事彼教ニアラスト申
    ケリ、何ニモタタモノニ非スト知給テ、忽ニイサナヒ
    給ケレハ、家ニ帰テ父母ニ此由ヲ申テ、ユルサレヲ
    蒙テ後宣ニ可随ト申ケリ、カクイミシキ心タテ
    ニヨリテ、アヤシクカタワナル身ナカラ后トナリニ/k19
    ケリ/k20
text/jikkinsho/s_jikkinsho05-13.txt · 最終更新: 2015/12/09 19:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa