Recent changes RSS feed

十訓抄 第八 諸事を堪忍すべき事

8の8 業平中将の、高安へ通ひけるころ・・・

校訂本文

業平中将の、高安へ通ひけるころ、いささかつらげなる気色もなくて、男の心のごとくに出だしたててやりけるが、なほ行く末やおぼつかなかりけん、夜更くるまで待ち居て、箏をかきならして、

  風吹けは沖つ白波たつた山、夜半(よは)にや君がひとりゆくらむ

とながめける、優にやさしきためしなり。

男、前栽の中に隠れて、このことをうかがひ見つつ、外心失せにけりとなん。

女人をば、仏も、「内心如夜叉」と仰せられたれば、いかでか、その心なくてしもあらん。されども、かやうに忍び過ぐせるは、まことにいみじく思ゆかし。

翻刻

業平中将ノタカヤスヘ通ヒケル比、聊ツラケナル気色
モナクテ、男ノ心ノ如クニ出シタテテヤリケルカ、猶ユク
スヱヤオホツカナカリケン、夜フクルマテマチヰテ、箏
ヲカキナラシテ、
  風吹ハオキツシラナミタツタ山、夜半ニヤ君ガ一人行クラム
トナカメケル、優ニヤサシキタメシナリ、男前栽ノ中ニカ
クレテ、此ノ事ヲウカカヒミツツ外心失ニケリトナン、女人
ヲハ仏モ内心如夜叉ト仰ラレタレハ、争カソノ心ナク/k14
テシモアラン、サレトモ加様ニ忍スクセルハ、実ニイミシクオ
ホユカシ、/k15
text/jikkinsho/s_jikkinsho08-08.txt · 最終更新: 2016/02/23 03:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa