Recent changes RSS feed

十訓抄 第五 朋友を撰ぶべき事

5の7 伯牙鍾子期とは琴の友なり鍾子先立ちて失せにければ・・・

校訂本文

伯牙・鍾子期とは琴の友なり。鍾子、先立ちて失せにければ、「今は誰にか琴の音を聞き知られむ」とて、その絃をはづして弾かざりけり。先にいへる文選の文は、この意なり。

元稹1)と楽天2)とは詩の友にておはせしが、元稹、はかなくなりしかば、楽天、その作りたりし詩どもを三十巻集めて、唐の大教院の経蔵にぞ籠(こ)め置かれける。

  遺文三十軸

  軸々金玉声

  竜門原上土

  埋骨不埋名

とは、これを書かれたるなり。

楽天、また、ある文の友に寄せらるる詩にいはく、

  交情鄭重金相似

  詩韻清鏘玉不如

まことに佳友の交はり、何よりも面白くあるべし。阮家の南北の垣をも隔てず、貧をも恥ぢざりし、何ごとを契けん。孟母が子を思ふゆゑに、隣を三度まで替へけるも、友を選ぶ心、これまたとりどりなり。

友につきて、「断金・伐木の契りなり」などいふことあれども、人、みな口づけたるうへに、こと長ければ記さず。山鳥の鏡に向ひて鳴き、雁の行をなして飛ぶ、みな友を思ふ心なり。

佐保の河原の霧の中に、友まよはせる千鳥の夕暮の声、すごくこそ3)聞こゆれ。さゆる入江の波の上に、番(つが)はぬ鴛鴦(おし)の浮寝も、下やすからぬ思ひのほど、「さこそは」とあはれなり。友なし小舟(をぶね)の、ほのかに漕ぎ行く明石の浦の島隠れ、友とする人少な4)かりける東路(あづまぢ)の八橋の渡り、これもこれも思ひやられて心細し。

そもそも、妹兄(いもせ)のなからひは、偕老同穴のゆゑありて、ただうちある友にはなずらへがたければ、妻を求むるには、上臈は品(しな)をも選ぶべし、つぎさまには見目(みめ)・品を先とすべからず。心を選ぶべきなり。

唐土(もろこし)の梁伯鸞が妻、孟光は、形きはめて醜かりけれども、夫につかへ随(したが)ふ道、二心なかりけり。夫、世を遁(のが)れて覇陵山に入りける時、ともにつき随ひて、家の貧しきをもあなづらず、斉眉の礼までもねむごろなるによて、夫、志深かりけり。

まことに、その姿、西施・南威をうつせりとも、夫を軽(かろ)しめ、外心あらんは、かへりてあだとなるべし。何の益かあらむ。秦中吟にいはく、

  冨家女易嫁 嫁早軽其夫

  貧家女難嫁 嫁晩孝於姑

などあれば、いみじく便りありても、夫のためなほざりならん女、よしなくこそ。

翻刻

六伯牙鍾子期トハ琴ノ友ナリ、鍾子先立テ失
  ニケレハ、今ハ誰ニカ琴ノ音ヲキキシラレムト/k9
  テ、其絃ヲハツシテ引サリケリ、サキニ云ヘル
  文選ノ文ハ此意也
七元稹ト楽天トハ詩ノ友ニテオハセシカ、元稹ハ
  カナクナリシカハ、楽天其作リタリシ詩トモヲ
  三十巻集メテ、唐ノ大教院ノ経蔵ニソ籠ヲ
  カレケル、
    遺文三十軸、 軸々金玉声
    竜門原上土、 埋骨不埋名
  トハコレヲカカレタルナリ、
  楽天又或文ノ友ニヨセラルル詩云、
    交情鄭重金相似、 詩韻清鏘玉不如/k10
  誠ニ佳友ノ交リ、ナニヨリモ面白アルヘシ阮家ノ
  南北ノカキヲモ不隔、貧ヲモハチサリシ、何事
  ヲ契ケン、孟母カ子ヲ思ユヘニ隣ヲ三度マテ
  カヘケルモ、友ヲ撰フ心コレ又トリトリ也、友ニ付
  テ断金伐木ノ契也ナト云事アレトモ、人皆口
  ツケタル上ニ、事ナカケレハシルサス、山鳥ノ鏡ニ向
  テ鳴、雁ノ行ヲ成テトフ、皆友ヲ思フ心ナリ、
  サホノ河原ノ霧ノ中ニ友マヨハセル千鳥ノユ
  フクレノコエスコクソキコユレ、サユル入江ノ波ノ
  上ニ、ツカハヌオシノ浮ネモシタヤスカラヌ思
  ノ程、サコソハト哀ナリ、友ナシヲフネノホノカニ/k11
  コキ行明石ノ浦ノ島隠トモトスル人スリナカ
  リケルアツマチノ八橋ノワタリ彼モ此モ思ヤ
  ラレテ心ホソシ、抑イモセノナカラヒハ偕老
  同穴ノユヘアリテ、只ウチアル友ニハナスラヘ
  カタケレハ、妻ヲ求ニハ上臈ハシナヲモ撰フ
  ヘシ、次サマニハミメシナヲサキトスヘカラス、心
  ヲエラフヘキ也モロコシノ梁伯鸞カ妻孟
  光ハ形極テミニクカリケレトモ、夫ニツカヘ随
  フ道二心ナカリケリ、夫世ヲ遁テ覇陵山ニ
  入ケル時、トモニツキ随テ家ノ貧ヲモアナツ
  ラス、斉眉礼マテモネムコロナルニヨテ、夫志深/k12
  カリケリ、誠ニ其姿西施南威ヲウツセリトモ、
  夫ヲカロシメ外心アランハカヘリテアタトナルヘ
  シ、何ノ益カアラム、秦中吟云
    冨家女易嫁  嫁早軽其夫
    貧家女難嫁  嫁晩孝於姑
  ナトアレハ、イミシク便リ有テモ、夫ノタメナヲサ
  リナラン女ヨシナクコソスヘテ妻ヲ定ムル事/k13
1)
元居敬の誤り。
2)
白居易
3)
底本「すごくぞ」。諸本により訂正。
4)
底本「すりな」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho05-07.txt · 最終更新: 2015/12/04 00:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa