Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の51 神崎の君とねぐろ男にともなひて筑紫へ行きけるが海賊にあひて・・・

校訂本文

神崎の君、とねぐろ、男にともなひて、筑紫へ行きけるが、海賊にあひて、あまたところ、手負ひて死なんとしける時、

  われら何しに老いぬらん

  思へばいとこそあはれなれ

  今は西方極楽の

  弥陀の誓ひを念ずべし

と、たびたび歌ひて、引き入りにけり。

その時、西方に楽の声聞こえて、あやしき雲たなびきけりとなん。心に染みにけるわざなれば、今様を歌ひて、往生をとげてけり。

解脱はなにを分かず。ただ心の引くかたにつきて、信をおこすによるべきにや。

翻刻

五十四神崎君トネクロ男ニトモナヒテ筑紫ヘ行ケルカ、海賊ニ/k89
      アヒテ、アマタ所手オヒテシナントシケル時、
        我等何シニオヒヌラン、思ヘバイトコソ哀ナレ、
        今ハ西方極楽ノ、弥陀ノ誓ヲ念スヘシ
      ト、タヒタヒウタヒテヒキ入ニケリ、其時西方ニ楽ノ声聞
      ヘテ、アヤシキ雲タナヒキケリトナン、心ニシミニケルワサナ
      レハ、今様ヲウタヒテ往生ヲトケテケリ、解脱ハナニヲ
      ワカス、只心ノヒクカタニ付テ信ヲヲコスニヨルヘキニヤ、/k90
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-51.txt · 最終更新: 2016/03/29 23:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa