Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の62 天治二年八月十日あまりのころ伏見斎宮野宮におはしましけるに・・・

校訂本文

天治二年八月十日あまりのころ、伏見斎宮1)、野宮におはしましけるに、「群行も近く成ぬ」とて、中御門右大臣2)・花園内大臣3)など、さるべき人々、にはかに参会したりける。

夜更くるほどに、月のくまなきを見捨てがたくて、おのおの出でもやられぬ折節、女房、箏を爪音(つまおと)やさしくかき合せて、御裳濯川(みもすそがは)の御出立もむげに近くなりぬ。伊勢まで、誰か思ひおこすべき。うち乱れたる御遊びは、今夜こそ」と言ひ出でたれば、「まことにしかるべきこと」とて、右大臣、催馬楽歌ひ、内大臣、琵琶弾きて、御簾の内の箏の音に、調べかはしたるさま、いといひ知らず。

楽ども数を尽しけるほどに、内大臣、「かたき物忌なれば、明けぬさきに」とて、出でられければ、「轅(ながえ)を先にす」と詠じて立たれける。

帰るも、止るも、たがひに名残惜しかりけり。

翻刻

六十五天治二年八月十日アマリノ頃、伏見ノ斎宮野々宮ニオハシ
      マシケルニ、群行モ近ク成ヌトテ、中御門右大臣花園内
      大臣ナド、サルヘキ人々俄ニ参会シタリケル、夜フクル程ニ月ノ
      クマナキヲミステカタクテ、各出モヤラレヌオリフシ、女房
      箏ヲツマオトヤサシクカキ合テ、ミモスソ川ノ御出立モ無/k106
      下ニ近ク成ヌ、伊勢マテ誰カ思ヲコスヘキ、打乱タル御
      遊ハ今夜コソト云出タレハ、マコトニ可然事トテ、右大臣
      催馬楽ウタヒ内大臣比巴引テ、御簾ノ内ノ箏ノ音ニ
      シラヘカハシタルサマ、イトイヒシラス、楽トモ数ヲツクシ
      ケル程ニ、内大臣カタキ物忌ナレハ、不明サキニトテ出ラ
      レケレハ、ナカヘヲサキニスト詠シテ立レケル、カヘルモトマ
      ルモ互ニナコリ惜カリケリ、/k107
1)
守子内親王
2)
源雅定
3)
源有仁
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-62.txt · 最終更新: 2016/04/12 21:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa