Recent changes RSS feed

十訓抄 第八 諸事を堪忍すべき事

8の9 朱買臣文の道は富めりしかども家貧しかりけり・・・

校訂本文

朱買臣、文の道は富めりしかども、家貧しかりけり。

年ごろの妻、住みわびて、暇(いとま)を乞ふに、「今一年(ひととせ)を待て」と、したひ、惜しめども、聞かずして、別れ去りぬ。

その次の年、買臣、古郷の会稽の守に成て赴(おもむ)く時、かの妻、国の民の妻となりて、買臣に見えにけるを、恥ぢて悲しみて、消え入りにけりとなん。

翻刻

八朱買臣文ノミチハトメリシカトモ、家マツシカリケリ、年
  比ノ妻スミワヒテ暇ヲコフニ、今ヒトトセヲマテトシタヒ
  オシメトモ、不聞シテワカレサリヌ、其次ノ年買臣古
  郷ノ会稽ノ守ニ成テ赴クトキ、彼妻国ノ民ノ妻ト
  ナリテ買臣ニ見エニケルヲ恥テ悲テ、消入ニケリトナン、/k15
text/jikkinsho/s_jikkinsho08-09.txt · 最終更新: 2016/02/23 13:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa