Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の51 師頼多年沈淪して籠居せられたりけるが中納言に拝任ののち・・・

校訂本文

師頼1)、多年沈淪して籠居せられたりけるが、中納言に拝任ののち、はじめて釈奠の上卿をつとめけるが、作法進退のあひだ、ことにおいて不審をなして、あらあら人に問ひけり。

その時、成通卿2)、参議にて列座していはく、「年ごろ籠居のあひだ、公事、御忘却か。初々(うひうひ)しく思しめさるる条、もつとも道理なり」と言ふ。師頼卿、返事を謂はず、顧眄して、ひとりごちていはく、

  入大廟毎事問云々 論語

成通卿、閉口す。後日に人に語りていはく、「思ひ分くかたなく、不慮の言を出だし、後悔千廻云々」。

この意は、孔子、大廟に入りて、まつりごとにしたがふ時、事ごと、かの令長に問はずといふことなし。人、これを見て、「孔子、礼を知らず」と難じければ、「問ふは礼なり」とぞ、答へ給ひける。

かの人の御身には、さぞくやしく思え給ひけんか。「これ、慎みの至れるなり」と云へり。

翻刻

師頼多年沈淪シテ籠居セラレタリケルカ、中納言ニ拝
任ノ後始テ釈奠ノ上卿ヲツトメケルカ作法進退ノ間
事ニヲイテ不審ヲナシテ粗人ニ問ケリ、其時成通卿
参議ニテ列座シテ云ク、年来籠居ノ間公事御忘却
歟ウヰウヰシク思召ルル条尤道理也ト云師頼卿不謂
返事顧眄シテヒトリコチテ云ク、入大廟毎事問云々
論語成通卿閉口後日ニ人ニ語云、思分カタナク出不慮/k93
言後悔千廻云々、此意ハ孔子大廟ニ入テマツリコトニ
シタカフ時、毎事彼令長ニトハスト云事ナシ、人是ヲ見
テ孔子礼ヲ知スト難シケレハ、問ハ礼ナリトソ答給ケ
ル、彼人ノ御身ニハサソクヤシク思エ給ケンカ是ツツシミノ
至レル也ト云リ、大相国宰相ニテオハシケル時、哥合セ/k94
1)
源師頼
2)
藤原成通
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-51.txt · 最終更新: 2015/10/06 13:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa