Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の50 近江守藤原知章朝臣は宇治殿の家司なりけり・・・

校訂本文

近江守藤原知章朝臣は宇治殿の家司なりけり。

臨時祭の日、戸の下に居て、事を行ひけるに、頼光1)来たりて、その所に居たりけるを、追立ててけり。「戸の下に二人居る例、いまだ聞かず。無礼なり」となん言ひけり。

これ、頼光か失礼、またさし過ぎたる振舞ひにや。傍輩に追ひ立てらるること、面目なかるべし。

翻刻

近江守藤原知章朝臣ハ宇治殿家司也ケリ、臨時祭
日、戸下ニヰテ事ヲ行ヒケルニ頼光来テ其所ニ居/k92
タリケルヲ追立テケリ、戸下ニ二人居ル例未聞無
礼也トナン云ケリ、是頼光カ失礼又サシスキタル振舞
ニヤ、傍輩ニ追立ラルル事面目ナカルヘシ、/k93
1)
源頼光
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-50.txt · 最終更新: 2015/10/03 14:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa