Recent changes RSS feed

十訓抄 第一 人に恵を施すべき事

1の44 史大夫朝親といふ者ありけり・・・

校訂本文

史大夫朝親1)といふ者ありけり。学生なりければ、ここかしこに文師にて歩(あり)きけり。若くて文章生にてありけり。ことのほか顔の長かりければ、世の人「長面進士」とぞいひける。世の常ならず、をこびたるものなり。

ある時、知りたる僧に輿車を借りて、物へ行きけるほどに、車低(ひき)かりければ、烏帽子を取りて手に持ちたりけり。

さて、引かれ行くほどに、法性寺殿2)、御歩きに参り会ひて、まどひ下りけるほどに、かの持ちたる烏帽子のこと、つやつや忘れにけり。

下りて後は、小家などにも入るべきに、「我は文殿の衆にて、おのづから御書沙汰の時は参れば」とて、大路にうづくまり居たりけり。

髻(もとどり)放ちたる者の、右の手に烏帽子さげたり。おほかた、御前の御随身、おとがいをはなちて笑ひけり。

翻刻

史大夫朝親ト云者アリケリ、学生ナリケレハ此彼ニ
文師ニテアリキケリ、若クテ文章生ニテ有ケ
リ、事ノ外カホノ長リケレハ、世人長面進士トソ云ケ
ル、世ノ常ナラスオコヒタルモノ也、或時知タル僧ニ輿
車ヲ借テ物ヘユキケル程ニ、車ヒキカリケレハ烏
帽子ヲ取テ手ニモチタリケリ、サテヒカレ行程ニ法
性寺殿御アリキニ参会テマトヒオリケル程ニ、彼モチ/k86
タル烏帽子ノ事ツヤツヤ忘ニケリ、下テ後ハ小家ナ
トニモ入ルヘキニ、我ハ文殿ノ衆ニテオノツカラ御書沙汰
ノ時ハ参レハトテ、大路ニウスクマリ居タリケリモト
トリハナチタル者ノ右ノ手ニ烏帽子サケタリ、オホ
カタ御前ノ御随身オトカイヲハナチテ咲ヒケリ、/k87
1)
藤原朝親
2)
藤原忠通
text/jikkinsho/s_jikkinsho01-44.txt · 最終更新: 2015/09/28 22:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa