Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の19 孔子路を過ぎ給ひけるに老翁一人会ひたり・・・

校訂本文

孔子、路を過ぎ給ひけるに、老翁一人会ひたり。孔子に向ひて、三度口を開きて、物をば言はざりけり。

孔子、これを案じ給ひけるに、「『三度口は開くとも言葉な出だしそ』と教へけり」とぞ、心得給ひける。

ある文には、「しばしば多言を出だしなどして、三緘の誡を顧みず」と書けるは、このことなりとぞ。

これらにて、心得べし。

翻刻

孔子路ヲ過給ケルニ、老翁一人値タリ、孔子ニ向ヒ
テ三度口ヲアキテ物ヲハ云サリケリ、孔子是ヲ/k172
案給ケルニ、三度口ハアクトモ詞ナ出シソトヲシヘケ
リトソ心得給ケル、或文ニハシハシハ多言ヲ出ナトシテ三
緘ノ誡ヲ不顧トカケルハ此事也トソ、是等ニテ心得
ヘシ、/k173
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-19.txt · 最終更新: 2015/11/15 18:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa