Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の43 和泉式部忍びて稲荷へ詣でけり・・・

校訂本文

和泉式部、忍びて稲荷へ詣でけり。田中の明神の西のほどにて、時雨しけるに、「いかがすべき」と思ふに、田刈りける童の、襖(あを)といふものを乞ひて、着て参りけり。還向のほど、晴れにければ、この襖を取らせてけり。

さて、次の日、式部、はしの方を見出だして居たるに、大きやかなる童の、文を持ちてたたずみければ、「あれは何する者ぞ」と言へば、「この文を参らせ候はん」と言ひて、さし置きたるを見れば、

  時雨する稲荷の山の紅葉(もみぢ)ばはあをかりしより思ひそめてき

と書きたりけり。

式部、あはれと思ひて、この童に、「奥の方へ来(こ)」と言ひて、よび入れ1)にけるとなん。

翻刻

四十六和泉式部忍ヒテ稲荷ヘ詣ケリ、田中ノ明神ノ西ノ程
      ニテ時雨シケルニ、イカカスヘキト思ニ、田カリケル童ノ、アヲ
      ト云物ヲコヒテ、キテマイリケリ、還向ノ程ハレニケレ/k81
      ハ、此アヲヲ取セテケリ、サテ次日式部ハシノ方ヲ見出シ
      テヰタルニ、大キヤカナル童ノ文ヲ持テタタスミケレハ、
      アレハ何スルモノソトイヘハ、此文ヲマイラセ候ハント云テ、指
      置タルヲミレハ、
        シクレスル稲荷ノ山ノモミチハハ、アヲカリシヨリ思ソメテキ
      トカキタリケリ、式部アハレト思テ、此童ニ奥ノ方ヘコト
      云テ、ヨ入ニケルトナン、/k82
1)
底本「よ入れ」。諸本により補う。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-43.txt · 最終更新: 2016/03/26 23:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa