Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の5 敏達天皇の御時高麗の表を烏の羽に書きて奉りける・・・

校訂本文

敏達天皇の御時、高麗の表を、烏の羽に書きて奉りける。読む人なかりけり。

王辰爾、その羽を蒸して、袱紗(ふくさ)のきぬにて押しければ、書けるごとく写りて、鮮かに読まれけり。

史師明、読むともいふ。同名か。おぼつかなし。

ある人の歌に、その心を詠める、

  わが恋は烏羽(からすば)に書く言の葉のうつさぬほどは知る人もなし

翻刻

五敏達天皇御時高麗ノ表ヲ、烏ノ羽ニ書テ奉リケ
  ル、読人ナカリケリ、王行辰爾ソノ羽ヲムシテフクサ
  ノキヌニテヲシケレハ、書ル如クウツリテ、鮮ニヨマレ
  ケリ、史師明ヨムトモイフ、同名歟、オホツカナシ、或人ノ
  哥ニ其心ヲヨメル、
    我恋ハカラスハニカクコトノハノ、ウツサヌホトハシ
    ル人モナシ/k120
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-05.txt · 最終更新: 2016/01/30 23:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa