Recent changes RSS feed

十訓抄 第九 懇望を停むべき事

9の3 一条摂政納言に任じ給ふ時朝成同じく望み申しけり・・・

校訂本文

一条摂政1)、納言に任じ給ふ時、朝成2)、同じく望み申しけり。そのあひだ。すこぶる放言申しけり。

摂政ののち、朝成、大納言を望み申して、かの殿へまうでけり。やや久しくありて面謁し給ふ。朝成、大納言になるべき理運を申されけるに、摂政のたまはく、「世間はかりがたし。往時のころほひ、納言望み申す時、放言ありといへども、貴閣の昇進、わが心に任せたり」とばかりのたまひて、入り給ひにけり。

朝成、大きに怒りて、門を出でて、車に乗るとて、まづ笏を車に投げ入れければ、割れて二つになりにけり。生霊になりて、摂政、つひに失せ給ひぬ。一条摂政の子孫、朝成の霊宅に入らざりけり。三条東洞院とぞ。

かくまで、恨み深かりける罪業の因、よしなく3)こそ。

顕光左大臣4)は、小一条院5)の女御争ひによりて、御堂関白6)を恨み奉りて、悪霊となりて、一夜のうちに、ことごとく白髪になり給ひたりけむこそ、いと恐しけれ。

かの凌雲の、たちまちに雪をけづる頭に変じけむは、恨みにはあらざりけり。

翻刻

三一条摂政納言ニ任給時、朝成同ク望申ケリ、其間頗/k22
  放言申ケリ、摂政ノ後朝成大納言ヲ望申テ、彼殿ヘ
  マウテケリ、良久クアリテ面謁シ給、朝成大納言ニナルヘキ
  理運ヲ申サレケルニ、摂政ノ給ハク、世間計カタシ、往時ノ
  比ヒ納言望申時、放言有ト云トモ、貴閣昇進我心ニ任タ
  リトハカリノ給テ入給ニケリ、朝成大ニイカリテ門ヲ出
  テ車ニ乗トテ、先笏ヲ車ニナケ入ケレハ、破テ二ニ成ニケ
  リ、生霊ニ成テ、摂政ツヰニ失給ヌ、一条摂政ノ子孫朝
  成ノ霊宅ニ入サリケリ、三条東洞院トソカクマテ恨フカカ
  リケル、罪業ノ因ヨシナリコソ
四顕光左大臣ハ小一条院ノ女御アラソヒニ依テ御堂関白/k23
  ヲ恨奉テ、悪霊ト成テ、一夜内ニ悉ク白髪ニ成給タリ
  ケムコソイトオソロシケレ、彼凌雲ノ忽ニ雪ヲケツル頭
  ニ変シケムハ、恨ニハアラサリケリ、/k24
1)
藤原伊尹
2)
藤原朝成
3)
底本「よしなり」。諸本により訂正。
4)
藤原顕光
5)
敦明親王
6)
藤原道長
text/jikkinsho/s_jikkinsho09-03.txt · 最終更新: 2016/03/01 12:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa