Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の2 菅輔昭宇多院の蔵人に補して試のために、・・・

校訂本文

菅輔昭1)、宇多院2)の蔵人に補して、試のために、「隔花遥勧酒」といふ詩を賦して、輔昭をして序者とす。厳閤の助成を疑ひて、院門を閉ぢて、往反せしめず。

件の序の自謙3)の句にいはく、

  訴於李門之波二年 朝恩未及

  踏於蓬壺之雲十日 夜飲已酣

とぞ書ける。人、これを秀逸とす。

父の文時卿4)、「踏蓬壺之雲一日」と書くべし。指を折りて数へけるぬしかな」と難じけり。あまりのことか。

祖業を継げること、かの伊陟卿5)にはにざりけり。

翻刻

二菅輔昭宇多院ノ蔵人ニ補シテ試ノタメニ隔花遥勧
  酒ト云詩ヲ賦テ、輔昭ヲシテ序者トス、厳閤ノ助成/k37
  ヲウタカヒテ、院門ヲトチテ往反セシメス、件ノ序ノ目
  謙句云、
    訴於李門之波二年朝恩未及、
    踏於蓬壺之雲十日夜飲已酣、
  トソカケル、人是ヲ秀逸トス、父ノ文時卿踏蓬壺之雲
  一日ト書ヘシ、指ヲオリテカソヘケルヌシカナト難シケリ、
  余事歟祖業ヲツケルコト彼伊陟卿ニハニサリケリ、/k38
1)
菅原輔昭
2)
宇多天皇
3)
底本「目謙」。諸本により訂正。
4)
菅原文時
5)
源伊陟。前話参照。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-02.txt · 最終更新: 2016/03/06 15:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa