Recent changes RSS feed

十訓抄 第八 諸事を堪忍すべき事

8の7 大和国に男ありけりもとの妻と壁を隔ててめづらしき女を迎へて・・・

校訂本文

大和国に男ありけり。もとの妻と壁を隔てて、めづらしき女を迎へて、月ごろ経れども、この妻妬める気色もなくて過ぎけり。

秋の夜の、つくづくと長きに、鹿の音の、枕におとづるるを、もとの妻に1)、「聞き給ふや」と問ひければ、詠める。

  われもしかなきてそ人に恋ひられし今こそよそに声をのみ聞け

男、かぎりなくめでて、今の妻を送り、もとの妻と住みけり。

翻刻

七大和国ニ男有ケリ、本ノ妻トカヘヲ隔テメツラシキ
  女ヲムカヘテ、月コロフレトモ、此妻ネタメル気色モナ
  クテスキケリ、秋ノ夜ノツクツクトナカキニ、鹿ノ音ノ
  枕ニオトツルルヲ、本ノ妻キキ給ヤト問ケレハヨメル、/k13
    我モシカナキテソ人ニコヒラレシ、イマコソヨソニ声ヲノミキケ、
  男限ナクメテテ、今ノ妻ヲ送リ、本ノ妻トスミケリ、/k14
1)
底本「に」なし。諸本により補う。
text/jikkinsho/s_jikkinsho08-07.txt · 最終更新: 2016/02/23 01:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa