Recent changes RSS feed

十訓抄 第三 人倫を侮らざる事

3の8 近ごろ最勝光院に梅盛りなる春ゆゑづきたる女房一人・・・

校訂本文

近ごろ、最勝光院に梅盛りなる春、ゆゑづきたる女房一人、釣殿にたたずみて、花を見るほどに、男法師などうちむれて入り来ければ、「こちなし」とや思ひけむ、帰り出でけるを、着たる薄衣(うすぎぬ)の、ことのほかに黄ばみすすけたるを笑ひて、

  花を見捨てて帰る猿丸(さるまろ)

と連歌をしかけたりければ、とりあへず、

  星まぼる犬の吠えるに驚きて

と付けたりけり。人々、恥ぢて逃げにけり。この女房は俊成卿女(しゅんぜいきょうのむすめ)とて、いみじき歌詠みなりけるが、深く姿をやつしたりけるとぞ。

翻刻

近来最勝光院ニ梅サカリナル春、ユヘツキタル女房
一人、釣殿ニタタスミテ花ヲミルホトニ、男法師ナ
トウチムレテ入キケレハ、コチナシトヤ思ケム帰出ケル
ヲ、キタルウスキヌノ、事ノ外ニキハミススケタルヲ笑
ヒテ、
  花ヲミステテカヘルサルマロ
ト連歌ヲシカケタリケレハ、トリアヘス、
  ホシマホルイヌノホエルニオトロキテ、/k121
ト付タリケリ、人々恥テニケニケリ、此女房ハ俊成
卿娘トテ、イミシキ歌ヨミナリケルカ、深ク姿ヲヤツ
シタリケルトソ、/k122
text/jikkinsho/s_jikkinsho03-08.txt · 最終更新: 2015/10/18 17:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa