Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の48 三河守定基志深かりける女のはかなくなりにければ・・・

校訂本文

三河守定基1)、志深かりける女の、はかなくなりにければ、世を憂きものに思ひ入りたりけるに、五月の長雨のころ、ことよろしきさまなる女の、いたうやつれたりけるが、鏡を売りて来たりけるを、取りて見るに、包み紙に書けりける、

  今日のみと見るに涙のますかがみなれにし影を人に語るな

これを見るに、涙とどまらず。鏡をば返して、さまざまにあはれみけり。道心をいよいよ固めけるは、このことによりてなり。

出家ののち、寂照上人とて、入唐しけり。かしこにては、円通大師とぞ申しける。清涼山の麓にて、往生をとげける時、詩を作れりける。

  笙歌遥聴孤雲上

  聖衆来迎落日前

ただし、この詩、保胤2)作れりといふ。たづぬべし。

ある説にいはく、この人は唐土の峨眉山に、寂照といひける聖の後身なり。師と法門の義を論 じて、「われは勝れり」と思ひて、入滅したりけるが、その執によりて、往生をとげず、日本に生れたりけるなり。入唐したりければ、峨眉山の寂照の影に少しも違はざりけり。人、帝に申しけるとなん。

さりければにや、俗にてありける時より、頭光あらはして見えけり。

翻刻

五十二三河守定基、志フカカリケル女ノ、ハカナクナリニケレハ、世ヲ
      ウキ物ニ思入タリケルニ、五月ノナカアメノ比、事ヨロシキ
      サマナル女ノ、イタウヤツレタリケルカ、鏡ヲウリテ来タリ
      ケルヲ、取テ見ニ、ツツミカミニカケリケル、
        ケフノミトミルニ泪ノマスカカミ、ナレニシカケヲ人ニカタルナ、/k85
      是ヲミルニ涙トトマラス、鏡ヲハカヘシテ、サマサマニ哀ミケリ、
      道心ヲイヨイヨカタメケルハ、此事ニヨリテナリ、出家ノ後
      寂照上人トテ入唐シケリ、彼ニテハ円通大師トソ申
      ケル、清涼山ノ麓ニテ、往生ヲ遂ケル時詩ヲ作レリケル、
        笙歌遥聴孤雲上、聖衆来迎落日前
      但此詩保胤作レリト云、タツヌヘシ、或説云、此人ハ唐土ノ
      娥眉山ニ寂照ト云ケル聖ノ後身ナリ、師ト法門ノ義ヲ論
      シテ、我ハ勝サレリト思テ入滅シタリケルカ、其執ニヨリテ
      往生ヲ遂ス、日本ニ生タリケルナリ、入唐シタリケレハ、娥
      眉山ノ寂照ノ影ニ少シモ不違ケリ、人御門ニ申ケルト/k86
      ナン、サリケレハニヤ、俗ニテ有ケル時ヨリ、頭光アラハシテ見
      エケリ、/k87
1)
大江定基
2)
慶滋保胤
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-48.txt · 最終更新: 2016/03/29 11:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa