Recent changes RSS feed

十訓抄 第二 驕慢を離るべき事

2の3 昔人の心の曲れるを恨みてつひに滄浪の水に沈み・・・

校訂本文

昔、人の心の曲れるを恨みて、つひに滄浪の水に沈み1)、世の政の正しからぬを厭(いと)ひて、首陽の雲に入りし人2)あり。

これ、諫(いさ)むべきを見て諫め、退くべきを見て退けるたぐひなり。その性、寒氷よりも潔くして、懐寵尸位の喩へを離れたり。

『孝経』諫論章いはく、

三諫不納則奉身以退。有匡正之忠、無阿順之従、此良臣節也。若乃見可諫而不諫、謂之尸位、見可退而不退、謂之懐寵。

たれ、これを「へつらへる臣」といひし。

しかるに、橘倚平が詩に、

  楚三閭醒終何益   周伯夷飢未必賢

といひて、なほ、時にしたがはぬ振舞ひを謗(そし)れり。いはんや、賢才にあらずして、もし人として、世に立ちてまじはらん輩(やから)、かたく恐れ慎むべきものをや。

すべて、高くとも危ぶみ、盈(み)てりとも溢(こぼ)さざれとなり。

翻刻

昔人ノ心ノマカレルヲ恨テツヰニ滄浪之水ニ沈ミ世ノ
政ノタタシカラヌヲ猒テ、首陽ノ雲ニ入シ人アリ、是諫
ムヘキヲ見テイサメ退クヘキヲミテ退ルタクヒ也其
性寒氷ヨリモ潔クシテ懐寵尸位ノ喩ヲ離レタリ、
孝経諫論章云、三諫不納則奉身以退、有匡正之忠無阿順之
従、此良臣節也、若乃見可諫而不諫謂之尸位、見可退而不退謂
之懐寵、誰此ヲ諂ル臣ト云シ、然橘倚平詩/k106
  楚三閭醒終何益 周伯夷飢未必賢
ト云テ猶時ニシタカハヌ振舞ヲソシレリ、況ヤ賢才ニ非
スシテ若為人世ニ立テマシハランヤカラ堅ク恐ツツシムヘ
キモノヲヤ、スヘテ高トモアヤフミ盈リトモコホササレト
也、/k107
1)
屈原を指す。
2)
伯夷・叔斉を指す。
text/jikkinsho/s_jikkinsho02-03.txt · 最終更新: 2015/10/10 12:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa