Recent changes RSS feed

十訓抄 第三 人倫を侮らざる事

3の2 匡房卿若かりける時蔵人にて内裏によろぼひ歩きけるを・・・

校訂本文

匡房卿1)、若かりける時、蔵人にて、内裏によろぼひ歩(あり)きけるを、さる博士なれば、女房たち、侮(あなづ)りて、御簾のきはに呼び寄せて、「これ弾き給へ」とて、和琴を押し出だしたりければ、匡房、とりもあへず、

  逢坂の関のあなたもまた見ねばあづまのことも知られざりけり

女房たち、返しえせで、やみにけり。

和琴をば、「あづまの琴」といふなり。

翻刻

匡房卿ワカカリケル時、蔵人ニテ内裏ニヨロホヒアリ
キケルヲ、サル博士ナレハ、女房達アナツリテ、御スノ
キハニヨヒヨセテ、是ヒキタマヘトテ和琴ヲヲシ出シタ
リケレハ、匡房トリモアヘス、
  相坂ノセキノアナタモマタミネハ、アツマノコトモ知レサリケリ、
女房達返シエセテヤミニケリ、和琴ヲハ、アツマノコトト
云也、/k114
1)
大江匡房。ただし、『後拾遺和歌集』『匡衡集』によると、大江匡衡のエピソード。
text/jikkinsho/s_jikkinsho03-02.txt · 最終更新: 2015/10/11 17:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa