Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の2 延喜年中ごろ美濃国伊吹の山に千手陀羅尼の持者住みけり。・・・

校訂本文

延喜年中ごろ、美濃国伊吹の山に、千手陀羅尼の持者住みけり。二三十日なれども、断食にて、験得のかたがた、不思議多かりけるあひだ、遠近の貴賤集まり拝みける時に、善宰相清行卿1)、これを聞きわたりて、かの所へおはして、この僧に対面して物語し給ひけるが、かたはらの人々に語りていはく、「この人は、かく行徳あるやうなれども、無智のあひだ、つひには魔界のためにたぶらかさるべし」と言ひて、帰り給ひにけり。

その後(のち)ほど経て、ある時に、もろもろの天女、紫雲に乗りて、妓楽をなし、玉の輿を飾り来て、この僧を迎へ取りて去りにけり。見る者、いくばくぞ。みな奇異の思ひをなしたりけるほどに、四五日ありて、樵父の、山へ入りたりければ、はるかに高き木の上に、蚊の鳴くやうにて、人のうめく声聞こへけるを、怪しみて、人に告げたりければ、近辺の住人、集りてこれを見るに、人のやうには見なしたれども、たやすく登るべき木ならねば、鷹の巣下(おろ)す者をやとひて、のぼせたりければ、法師を木の末に結ひ付けたり。

やうやうに支度をして、解き下(おろ)したるを見るに、この千手陀羅尼の持者なりけり。あさましとも愚かにて、具し帰り、さまざまあつかひければ、命ばかりは生きたりけれども、ほれぼれとして、いふかひなければ、行徳ほどこすにも及ばず。

これは、かの僧のすすめることにはあらず、天魔の所為なれども、愚かなるより起れるうへ、先のこと2)にあひ似たるあひだ、しるす。

これらはさておきつ。しかるべき人の習ひとして、心をはかり見むために、何ごとをも、あらはに見せ知らせず、心をまはして、つくりも出だし、言ひもせられたらむを、よくよく案じめぐらして、不覚せぬやうに振舞ふべし。よろづにつけて。用意深くして、人のあざむき、たばからむことなどをも、よくよく思慮すべし。その案に落つまじきなり。

翻刻

二延喜年中頃美濃国イフキノ山ニ千手陀羅尼ノ
  持者住ケリ、二三十日ナレトモ断食ニテ験得ノ方々
  不思儀多カリケル間、遠近ノ貴賤集リ拝ケル時ニ、
  善宰相清行卿是ヲ聞ワタリテ、彼所ヘオハシテ、/k112
  此僧ニ対面シテ物語シ給ケルカ、傍ノ人々ニ語テ云、
  此人ハカク行徳アルヤウナレトモ無智ノ間、終ニハ魔
  界ノタメニタフラカサルヘシト云テ、帰リ給ニケリ、
  其後程ヘテ、或時ニ諸ノ天女紫雲ニ乗テ妓
  楽ヲナシ、玉ノコシヲカサリ来、此僧ヲ迎取テ去
  ニケリ、見者幾ソ皆奇異ノ思ヲナシタリケルホ
  トニ、四五日アリテ、樵父ノ山ヘ入タリケレハ、遥ニタ
  カキ木ノ上ニ、蚊ノ鳴ヤウニテ人ノウメク声キコヘ
  ケルヲ、怪ミテ人ニ告タリケレハ、近辺ノ住人集リ
  テ是ヲ見ニ、人ノヤウニハミナシタレトモ輙ク可昇木
  ナラネハ、鷹ノスオロスモノヲヤトヒテノホセタリケ/k113
  レハ、法師ヲ木ノスエニユヒツケタリ、ヤウヤウニ支度
  ヲシテトキオロシタルヲ見ニ、此千手陀羅尼ノ持者
  也ケリ、浅猿トモ愚ニテ具シカヘリ、サマサマアツカヒ
  ケレハ、命ハカリハ生タリケレトモ、ホレホレトシテ云カ
  ヒナケレハ、行徳ホトコスニモ及ハス、是ハ彼僧ノ
  ススメルコトニハアラス、天魔ノ所為ナレトモ、愚ナル
  ヨリオコレル上、先ノ事ニ相似タル間注ス、是等ハサテ
  ヲキツ可然人ノ習トシテ、心ヲハカリ見ムタメニ、何
  毎ヲモアラハニ見セ知セス、心ヲマハシテツクリモ
  出シ、云モセラレタラムヲ、能々案シ廻シテ、不覚セ
  ヌヤウニ振舞ヘシ、万ニ付テ用意深シテ、人ノアサム/k114
  キタハカラム事ナトヲモ、能々思慮スヘシ、其案ニ
  オツマシキ也、/k115
1)
三善清行
2)
前話参照
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-02.txt · 最終更新: 2016/01/30 14:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa