Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の39 桜島忠信が大隅守にて下りけるに郡の司に頭の白き翁ありけるを・・・

校訂本文

桜島忠信が大隅守にて下りけるに、郡の司に頭の白き翁ありけるを、咎(とが)ありて召し勘(かんが)へんとしたりければ、

  老いはてて雪の山をはいただけどしもと見るにぞ身はひえにける

と詠みてゆりにけり。

かやうのことのみならず。歌は妹背の仲をもやはらぐる、なかだちなるによりて、「色めくたぐひ、これを花鳥の使(つかひ)とす」ともあり、あるひはまた、「貧しき世を渡る橋とす」とも見えたり。

その徳、かたがた多かるべし。

翻刻

四十一桜島忠信カ大隅守ニテ下ケルニ、郡ノ司ニ頭ノ白キ翁/k77
      有ケルヲ、トカアリテ召カムカヘントシタリケレハ、
        オヒハテテ雪ノ山ヲハイタタケト、シモトミルニソ身ハヒヘニケル
      トヨミテユリニケリ、カヤウノ事ノミナラス、哥ハイモセノ
      中ヲモヤハラクル媒ナルニヨリテ、イロメクタクヒ、是ヲ
      花鳥ノツカヒトストモアリ、或又マツシキ世ヲワタルハシト
      ストモ見エタリ、其徳カタカタ多カルヘシ、/k78
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-39.txt · 最終更新: 2016/03/26 15:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa