Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の6 都良香竹生島に参たりけるに眺望心にすみて・・・

校訂本文

都良香、竹生島に参たりけるに、眺望、心にすみて、

  三千世界眼前尽

といふ句を作りて、其の末を案じ得ざりけれは、霊天1)、託宣を下して、

  十二因縁心裏空

一句を加へ給ひけり。

同人、羅城門を過ぐとて、

  気霽風梳新柳髪

と詠じたりければ、楼上に声ありて、

  氷消波洗旧苔鬚

と付けたりけり。良香、菅丞相2)の御前にて、この詩を自嘆し申しければ、「下の句は鬼の詞なり」とぞ仰せられける。

翻刻

六都良香竹生島ニ参タリケルニ、眺望心ニスミテ
    三千世界眼前尽
  ト云句ヲ作テ、其ノスエヲ案得サリケレハ、霊天託宣ヲ
  下テ、
    十二因縁心裏空
  一句ヲ加給ケリ、同人羅城門ヲスクトテ、/k42
    気霽風梳新柳髪
  ト詠シタリケレハ、楼上ニ声アリテ、
    氷消波洗旧苔鬚
  トツケタリケリ、良香菅丞相ノ御前ニテ、此詩ヲ自
  嘆シ申ケレハ、下ノ句ハ鬼ノ詞ナリトソ被仰ケル、/k43
1)
竹生島の弁財天
2)
菅原道真
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-06.txt · 最終更新: 2016/03/08 12:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa