Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の44 小野篁三守の大臣にその娘を望みける文を持て・・・

校訂本文

小野篁、三守の大臣1)に、その娘を望みける文を持て、手づから渡りけるとかや。

その詞にいはく、

  才非馬卿2) 弾琴未能

  身異鳳史3) 吹簫猶拙

大臣、これを見て、感じて聟になしてけり。

これ、歌に同じきうへ、文をみづから持て行く。ついで4)に加ふ。

翻刻

四十七小野篁三守の大臣にその娘をのそみける文をもて手つ
      からわたりけるとかや、其詞云、
        才非馬卿弾琴未能身異鳳史吹簫猶拙/k82
      大臣これをみて感して聟になしてけり、是哥に同きうへ、
      文をみつからもて行次に加ふ、/k83
1)
藤原三守
2)
馬卿は司馬相如を指す。
3)
鳳史は簫史を指す。
4)
前話のついで
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-44.txt · 最終更新: 2016/03/26 23:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa