Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の10 花山院の御時中納言義懐は外戚権左中弁惟成は近臣にて・・・

校訂本文

花山院1)の御時、中納言義懐2)は外戚、権左中弁惟成3)は近臣にて、おろおろ天下の権をとれり。

しかるを、御門、ひそかに内裏を出で、花山に幸するよしを聞きて、両人、追ひて参上のところ、御門、すでに比丘たり。惟成、髻(もとどり)を切る。また義懐に語りていはく、「外戚として重くおはしるつに、外人となりて、今さら世に交はらん、見苦かるべし。早く出家すべし」と。義懐、「このよしを存ず」とて、同じく出家す。「人の教訓にてしたれば、いかが」と時の人、思ひけるに、始終貴くて、飯室に住みて詠まれける、

  見し人も忘れのみゆく山里に心ながくも来たる春かな

惟成、のちには賀茂祭の日、わさ角(づの)持ちて、一条大路を渡りけり。

さても、この御門、世をそむかせ給ふことのおこり、いとあはれにかなし。小野宮殿4)の御女(むすめ)、弘徽殿の女御5)とてさぶらはせ給ひけるが、限りなく御志深かりけるに、おくれさせ給ひて、御歎き浅からず。

世の中、心細く思しめしけるころ、粟田関白6)、いまだ殿上人にて、蔵人弁など申けるにや、扇に、

  妻子珍宝及王位

  臨命終時不随者

といふ文を書きて持たれりけるを、御覧じけるより、御心おこりて、「げに、この世は夢幻のほどなり。国の宝・王の位、よしなし」と思しめしとりて、たちまちに十善の王位を捨てて、一乗菩提の道に入らせ給ひける。

すでに内裏を出でさせ給ひける夜は、寛和二年六月二十三日なりけり。有明(ありあけ)の月のくまなかりけるに、さすがいかにぞや、御心地思え給ひて、立ちやすらはせ給ひけるおりしも、叢雲(むらくも)の月にかかりけれは、「わが願、すでに満ちぬ」とてぞ、貞観殿の高妻戸(たかつまど)より降りさせ給ひける。それよりぞ、かの妻戸をば打ち付けられにけるとぞ。

粟田殿は、「御執行あらば、同じさまにて、いかならん所にても」と契り申されて、その夜も御供せさせ給ひたりけれども、さもなかりけり。あまつさへ、法皇の御事ありてのち、五ヶ月の中に、正三位中納言までになられにけり。「二心おはしまして、謀(たばか)り奉られける」とぞ、世の人申しける。

長徳元年に関白になり給ふといへども、ほどなく失せ給ひにけり。世には「七日関白」とぞ申しける。

翻刻

十三華山院御時中納言義懐ハ外戚、権左中弁惟
    成ハ近臣ニテヲロヲロ天下ノ権ヲトレリ、然ヲ帝/k42
    ヒソカニ内裏ヲ出華山ニ幸スル由ヲ聞テ、両人
    追テ参上之所、帝已ニ比丘タリ、惟成本鳥ヲ
    切ル、又義懐ニ語テ云、外戚トシテ重クオハシルツニ、
    外人トナリテ、今更世ニ交ン見苦カルヘシ、早ク出
    家スヘシト、義懐此由ヲ存トテ同ク出家ス、人教
    訓ニテシタレハ、イカカト時ノ人思ケルニ、始終タウ
    トクテ、飯室ニスミテヨマレケル、
      見シ人モワスレノミユク山里ニ、心ナカクモキタル
      ハルカナ
    惟成後ニハ賀茂祭日ワサツノ持テ一条大路ヲ
    ワタリケリ、サテモ此帝世ヲソムカセ給事ノヲ/k43
    コリ、イト哀ニカナシ、小野宮殿ノ御女弘徽殿ノ
    女御トテサフラハセ給ケルカ、限ナク御志深カリ
    ケルニオクレサセ給テ、御歎アサカラス、世中心細ク
    思食ケル比粟田関白イマタ殿上人ニテ蔵人弁
    ナト申ケルニヤ、扇ニ
      妻子珍宝及王位、 臨命終時不随者、
    ト云文ヲ書テモタレリケルヲ、御覧シケルヨリ、
    御心ヲコリテ、ケニ此世ハ夢幻ノホト也、国ノタカラ
    王ノ位ヨシナシト思食取テ、忽ニ十善ノ王位ヲ捨テ、
    一乗菩提ノ道ニ入セ給ケル、既ニ内裏ヲ出サセ給ケル
    夜ハ寛和二年六月廿三日ナリケリ、在明月ノ/k44
    クマナカリケルニ、サスカイカニソヤ御心地オホエ
    給テ立ヤスラハセ給ケルオリシモ、ムラクモ月ニ
    カカリケレハ、我願既ニミチヌトテソ、貞観殿ノタ
    カツマトヨリオリサセ給ケル、ソレヨリソ彼妻戸ヲ
    ハ被打付ニケルトソ、粟田殿ハ御執行アラハ、同サ
    マニテイカナラン所ニテモトチキリ申サレテ、其夜モ
    御供セサセ給タリケレトモ、サモナカリケリ、剰法皇
    ノ御事アリテ後五ヶ月ノ中ニ、正三位中納言マ
    テニナラレニケリ、二心オハシマシテタハカリ奉ラレ
    ケルトソ世人申ケル、長徳元年ニ関白ニ成給トイ
    ヘトモ、無程ウセ給ニケリ、世ニハ七日関白トソ申ケル、/k45
1)
花山天皇
2)
藤原義懐
3)
藤原惟成
4)
藤原実頼。ただし、藤原為光の誤り。
5)
藤原忯子
6)
藤原道兼
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-10.txt · 最終更新: 2015/12/26 13:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa