Recent changes RSS feed

十訓抄 第四 人の上を誡むべき事

4の17 公任卿の家にて三月尽の夜人々集めて・・・

校訂本文

公任卿1)の家にて、三月尽の夜、人々集めて、「暮れぬる春を惜しむ心」の歌を詠みけるに、長能2)

  心憂き年にもあるかな二十日(はつか)あまり九日(ここぬか)といふに春の暮ぬる

大納言3)、うち聞て、思ひもあへず、「春は三十日やはある」と言はれたりけるを聞きて、長能、披講をも聞き果てず出でにけり。

さて、またの年、病をして、「限りなり」と聞て、人を遣はしたれば、「悦(よろこ)びて承はり候ひぬ。この病、去年三月尽の日、『春は三十日やはある』と仰られ候ひしに、『心憂きことかな』と承はりしが、病となりて、その後、もの食はれ侍らざりしより、かくなりて侍るなり」と申して、さてその日失せにけり。大納言、ことのほかに歎かれける。

これは、「かくほどあるべし」とは思ひ給はざりけれども、さばかり思はむ□□□□ある身にて4)、何となく、口疾く難ぜられたりける。いと不便なりしか。

翻刻

公任卿ノ家ニテ、三月尽ノ夜人々アツメテ暮ヌル春
ヲ惜ム心ノ哥ヲ読ケルニ、長能
  心ウキ年ニモ有カナ廿日アマリ、九日トイフニ春ノ暮ヌル、
大納言ウチ聞テ、思モアヘス春ハ卅日ヤハアルトイハ/k170
レタリケルヲ聞テ、長能披講ヲモ聞ハテス出ニケリ、
サテ又ノ年病ヲシテ限也ト聞テ人ヲ遣シタレハ、悦
テ承候ヌ、此病去年三月尽ノ日春ハ卅日ヤハアル
ト仰ラレ候シニ、心ウキ事哉ト承シカ病ト成テ、其
後物クハレ侍ラサリシヨリ、カク成テ侍也ト申テ、
サテ其日失ニケリ、大納言事外ニ歎カレケル、是ハ
カク程有ヘシトハ思給ハサリケレトモ、サハカリ思ハ
ム    アル身ニテ何トナク口トク難セラレタ
リケル、イト不便ナリシカ、/k171
1) , 3)
藤原公任
2)
藤原長能
4)
「さばかり」以下、流布本「さばかり思はむとも知らず」
text/jikkinsho/s_jikkinsho04-17.txt · 最終更新: 2015/11/15 16:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa