Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の53 近くは壬生の二位家隆卿八十にて天王寺にて終り給ひける時・・・

校訂本文

近くは壬生の二位家隆卿1)、八十にて、天王寺にて終り給ひける時、三首の歌を詠みて廻向せられける。臨終正念にて、その志、むなしからざりけり。

そのうち一首にいはく、

  契りあれば難波の里に移り来て波の入り日を拝みつるかな

宝日上人といひし人の、無常の古歌三首を、日の所作に詠じて、往生の素懐をとげ給ひけるも、その理、違はずこそ。

翻刻

五十六近ハ壬生ノ二位家隆卿八十ニテ天王寺ニテ終リ給ケ
      ル時、三首ノ哥ヲヨミテ廻向セラレケル、臨終正念ニテ
      其志ムナシカラサリケリ、其内一首云、
        契アレハナニハノサトニウツリキテ、ナミノ入日ヲ拝ツルカナ
五十八宝日上人ト云シ人ノ、無常ノ古哥三首ヲ日所作ニ詠
      シテ、往生ノ素懐ヲトケ給ケルモ、其理不違コソ、又モ/k91
1)
藤原家隆
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-53.txt · 最終更新: 2016/04/05 16:55 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa