Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の65 同じ帝月の夜笛吹き給ひけるにその声竜の鳴くにたがはず・・・

校訂本文

同じ帝1)、月の夜、笛吹き給ひけるに、その声、竜の鳴くにたがはず。

術者、これを聞きて、「竜の泣くぞ」と思ひて、心に竜の声とどむる符を作りて、これを封じてけり。その時、帝、にはかに手すくみ、息失せて、え吹き給はず。宮の中に騒ぎ歎くこと、世に聞こえて、天の下のうれへなりけり。

これをかの術者、漏れ聞きて、わが術の験(しるし)ある事をさとりて、符を破りてければ、帝、もとのごとくになり給ひけり。

これよりぞ2)、御笛の徳、極め給へることを知り給ひけり。

翻刻

六十八同帝月ノ夜笛吹給ケルニ、ソノ声竜ノ鳴ニタカハス、
      術者是ヲ聞テ竜ノ泣ソト思テ、心ニ竜ノ声トトムル符
      ヲ作テ是ヲ封シテケリ、其時帝俄ニ手スクミイキ
      ウセテエ吹給ハス、宮ノ中ニサハキ歎ク事世ニ聞エテ、
      天ノ下ノウレヘナリケリ、是ヲ彼術者モレキキテ、我術
      ノシルシアル事ヲサトリテ、符ヲ破リテケレハ、帝モト
      ノ如ニナリ給ケリ、是ヨリノ御笛ノ徳キハメ給ヘル事
      ヲシリ給ケリ、/k111
1)
玄宗皇帝をさす。前話参照。
2)
「ぞ」底本「の」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-65.txt · 最終更新: 2016/04/13 14:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa