Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の16 鳥羽法皇の女房小大進といふ歌詠みありけるが・・・

校訂本文

鳥羽法皇1)の女房、小大進といふ歌詠みありけるが、待賢門院2)の御衣一重、失せたりけるを負ひて、北野に籠(こも)り祭文書きて、まもられけるに、三日といふに、神水をうちこぼしたりければ、まもり検非違使、「これに過ぎたる失やあるべき。出で給へ」と申しけるを、小大進、泣く泣く申すやう、「公(おほやけ)の中の私と申すはこれなり。今 三日の暇をたべ。それに験(しるし)なくは、我を具し出で給へ。恨みあるまじ」と。見目・形(かたち)足らひ、愛敬づきたる女房の、うち泣きて申しければ、検非違使もあはれに思ひて、延べたりけるほどに、小大進、

  思ひ出づやなき名立つ身は憂かりきと現人神(あらひとがみ)になりし昔を

と詠みて、紅の薄様一重に書きて、御宝殿に押したりける夜、鳥羽法皇の御夢に御覧ずるやう、世に気高く、やむごとなき翁の、束帯にて、御枕に立ちて、「やや」とおどろかし参らせて、「われは、北野の右近馬場の神にて侍り。めでたきことの侍る。御使給はりて、見せ候はん」と申し給ふと思しめして、うちおどろかせ給ひて、「天神の見させ給ひつる。いかなる御事のあるぞ」と、「見て参れ」とて、「鳥羽の御馬屋(まや)の御馬に、北面の者を乗せて馳せよ」と仰せられければ、馳せて参りて見るに、小大進は雨しづくと泣きて候ひけり。

御前に紅の薄様に書きたる歌を見て、これを取りて参るほどに、いまだ参り着かぬ先に、鳥羽殿南殿の前に、かの失せたる御衣をかづきて、前(さき)をば法師舞ひ、後(しり)をば、敷島とて、待賢門院の雑仕(ざふし)なりけるが、かづきて、獅子に舞ひて参りたりけるこそ、天神のあらたに歌にめでさせ給ひたりけると、めでたく侍れ。

すなはち、小大進をば召しけれども、「かかるもんかう3)を負ふことは、心悪き者に思しめさるるやうのあればこそ」とて、やがて仁和寺なる所に籠り居にけり。

「力をも入れずして、天地を動かし、目に見えぬ鬼神をもあはれと思はす」と、『古今集4)』の序に書かれたるは、これらのたぐひなり。

かやうのこと、あまたあれども、さのみはなれば、耳近きばかりを記す。

翻刻

十六鳥羽法皇ノ女房小大進トイフ哥ヨミ有ケルカ、待賢門
    院ノ御衣一重失タリケルヲオヒテ、北野ニコモリ祭文書
    テマモラレケルニ、三日ト云ニ神水ヲウチコホシタリケレハ、マ
    モリ検非違使是ニスキタル失ヤ有ヘキ出給ヘト申ケ
    ルヲ、小大進ナクナク申様オホヤケノ中ノ私ト申ハ是也、今
    三日ノ暇ヲタヘ、ソレニシルシナクハ、我ヲクシ出給ヘ恨アル
    マシト、ミメカタチタラヒ愛敬ツキタル女房ノ、ウチナキテ/k51
    申ケレハ、検非違使モ哀ニ思テノヘタリケルホトニ、小大進
      思イツヤナキ名タツ身ハウカリキト、アラ人神ニナリシ昔ヲ
    トヨミテ、紅ノウスヤウ一重ニ書テ、御宝殿ニオシタリケル
    夜、鳥羽法皇ノ御夢ニ御覧スルヤウ、ヨニケタカクヤムコトナ
    キ翁ノ、束帯ニテ御枕ニ立テ、ヤヤト驚シマイラセテ、我ハ
    北野ノ右近馬場ノ神ニテ侍、目出事ノ侍ル、御使給
    テミセ候ハント申給ト思食テ打驚セ給ヒテ、天神ノ見
    サセ給ツル、イカナル御事ノ有ソトミテマイレトテ、鳥羽ノ
    御マヤノ御馬ニ、北面ノモノヲ乗テハセヨト被仰ケレハ馳テ
    参テ見ニ、小大進ハアメシツクトナキテ候ヒケリ、御前ニ紅/k52
    ノ薄様ニ書タル哥ヲミテ、是ヲ取テ参ルホトニ、イマタ参
    ツカヌサキニ、鳥羽殿南殿ノ前ニ、彼失タル御衣ヲカツキ
    テサキヲハ法師マヒシリヲハシキシマトテ、待賢門院ノサウ
    シナリケルカ、カツキテ師子ニマイテ参タリケルコソ、天神
    ノアラタニ哥ニメテサセ給タリケルト目出侍レ、即小大進
    ヲハ召ケレトモ、カカルモンカウヲオフ事ハ、心ワロキモノ
    ニ思食ルルヤウノアレハコソトテ、ヤカテ仁和寺ナル所ニ籠
    居ニケリ、チカラヲモ不入シテ天地ヲウコカシ、目ニ見エヌ
    鬼神ヲモ哀ト思ハスト、古今集ノ序ニカカレタルハ、是等ノ
    類也、カヤウノ事アマタアレトモ、サノミハナレハ耳近キハ/k53
    カリヲシルス、/k54
1)
鳥羽天皇
2)
藤原璋子
3)
諸注釈「問拷」と解す。
4)
古今和歌集
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-16.txt · 最終更新: 2016/03/12 17:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa