Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の52 菅三位の終焉のきざみ近づきけるに・・・

校訂本文

菅三位1)の終焉2)のきざみ近づきけるに、善知識の聖人、呼びにやりたりければ、「身は参らずとも同じことなり。『今はかく』と思しめさん時、詩を一首作り給へ」と言へり。

そのままに案じけるほどに、極楽の荘厳、心に浮びて、たちまちに聖衆の来迎にあづかり給ひける。

その機根をはからひて、聖人もかく勧めけるにや。

翻刻

五十五菅三位ノ終要ノキサミ近キケルニ、善知識ノ聖人ヨヒ
      ニヤリタリケレハ、身ハマイラストモ同事也、今ハカクト思
      食ン時、詩ヲ一首作給ヘト云リ、其ママニ案シケルホトニ、/k90
      極楽ノ荘厳心ニウカヒテ、忽ニ聖衆ノ来迎ニアツカリ
      給ヒケル、其機根ヲハカラヒテ、上人モカク勧メケルニヤ、/k91
1)
菅原文時
2)
底本「終要」。諸本により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-52.txt · 最終更新: 2016/03/29 23:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa