Recent changes RSS feed

十訓抄 第七 思慮を専らにすべき事

7の14 皇嘉門院はじめて院号かぶらせ給へりけるころ・・・

校訂本文

皇嘉門院1)、はじめて院号かぶらせ給へりけるころ、侍従大納言成通卿2)参りて、左衛門佐といふ女房にあひて、物語して、「この宮の院号は、何と申し侍るぞ」と問ひければ、「皇嘉門院」とさだかにいらへたりけり。

次に、兵衛といふ女房にこのことを言ひて、問ひけれは、「何とかや、世づかぬやうなる御名にてとか」と言へりけるを、「兵衛は優の者なり。左衛門佐が、『さりとも知らざらむやは』と思はで、いみじくいらへたりし、あやしう思えしに、優にこそ、おぼめきたりしか」と感じ給ひけり。

翻刻

十五皇嘉門院始テ院号カフラセ給ヘリケル頃、侍従大
    納言成通卿参テ、左衛門佐ト云女房ニアヒテ物語シテ、
    此宮之院号ハ何ト申侍ソト問ケレハ、皇嘉門院トサ
    タカニイラヘタリケリ、次ニ兵衛ト云女房ニ此事ヲ云
    テ問ケレハ、ナニトカヤヨツカヌヤウナル御名ニテトカトイ
    ヘリケルヲ、兵衛ハユフノモノ也、左衛門佐カサリトモ知サラ/k130
    ムヤハト思ハテ、イミシクイラヘタリシ、アヤシウ覚エ
    シニ、ユフニコソオホメキタリシカト感シ給ケリ、/k131
1)
藤原聖子
2)
藤原成通
text/jikkinsho/s_jikkinsho07-14.txt · 最終更新: 2016/02/06 18:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa