Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の66 孟嘗君が楽しみに飽き満ちてもののあはれを知らざりけり・・・

校訂本文

孟嘗君1)が楽しみに飽き満ちて、もののあはれを知らざりけり。

雍門2)といふ人、わりなく琴を弾く。聞く人、涙を落さずといふことなし。君3)がいはく、「雍門、よく琴を弾くとも、われはいかでか泣かむ」と言ひて弾かせけるに、まづ、世の中の無常を言ひつづけて、折にあへる調べをかき合せて、いまだその声終らざるに、涙を落しけり。

「豪士賦」序に、陸士衡が書ける

  落葉俟微風以隕 風力蓋寡

  孟嘗遭雍門而泣 琴曲已未

また、橘在列が出家ののち、「友に送る序代」に、

  孟嘗君多楽、猶泣雍門之微琴

と書ける、これなり。

翻刻

六十九孟嘗君カタノシミニアキミチテ、物ノ哀ヲシラサリケ
      リ、雍門ト云人ワリナク琴ヲヒク、聞人涙ヲオトサス
      ト云事ナシ、君カ云ク、雍門能ク琴ヲヒクトモ、我ハ争
      カナカムト云テ引セケルニ、先世中ノ無常ヲ云ツツケ
      テオリニアヘル調ヘヲカキ合テ、イマタソノ声オハラサ
      ルニ涙ヲオトシケリ、豪士賦序ニ陸士衡カ書ル
        落葉俟微風以隕風力蓋寡
        孟嘗遭雍門而泣琴曲已未
      又橘在列カ出家ノ後、友ニオクル序代ニ孟嘗君多
      楽、猶泣雍門之微琴ト書ル是也、/k112
1)
田文
2)
雍門周
3)
孟嘗君
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-66.txt · 最終更新: 2016/04/13 15:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa