Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の1 楚の襄王晋の国を討たんとす孫叔敖これをいさめ申していはく・・・

校訂本文

楚の襄王、晋の国を討たんとす。孫叔敖、これをいさめ申していはく、「園の楡(にれ)の上に、蝉、露を飲まむとす。後ろに蟷螂の犯さんとするを知らず。蟷螂、また蝉をのみまもりて、後ろに黄雀の犯さんとするを知らず。黄雀、また蟷螂をのみまもりて、楡のもとに弓を引きて童子の犯さんとするを知らず。童子、また黄雀をのみまもりて、前に深き谷、しりへに掘株のあることを知らずして、身をあやまてり。これみな、前利をのみ思ひて、後害をかへりみざるゆゑなり」と申せり。王、この時、悟りを開きて、晋を攻むといふこと、とどまり給ひぬ。

ただし、周の文王、殷の紂1)を討たんが為に、義兵を挙げて、かの国へ向ひ給ふ時、孤竹の二子2)、三つの理を立てていさめをなすといへども、呂望3)がはからひにつきて、とどまり給はざりき。

これは、紂の心、おごれるによりて、国、これを背くあひだ、天授人与の時なれば、後害の限りにあらざさるなり。

翻刻

一楚ノ襄王晋ノ国ヲウタントス、孫叔敖是ヲ
  諫申云、園ノ楡ノ上ニ蝉露ヲ飲トス、後シロニ蟷螂
  ノヲカサントスルヲ不知、蟷螂又蝉ヲノミ守テ、
  後ニ黄雀ノ犯トスルヲ不知、黄雀又蟷螂ヲノ
  ミ守テ、楡ノ本ニ弓ヲ引テ童子ノ犯トスル
  ヲ不知、童子又黄雀ヲノミ守テ、前ニ深谷
  後ヘニ掘株ノアル事ヲ不知シテ、身ヲアヤ
  マテリ、此皆前利ヲノミ思テ、後害ヲ不/k32
  顧故也ト申セリ、王此時サトリヲ開テ、晋ヲ
  責ト云事留給ヌ、但周ノ文王殷ノ紂ヲ打
  ンカ為ニ義兵ヲアケテ、彼国ヘ向給時孤竹
  ノ二子三ノ理ヲ立テ諫ヲナストイヘトモ、呂望カ
  ハカラヒニ付テトトマリ玉ハサリキ、コレハ紂ノ心
  オコレルニヨリテ、国コレヲソムク間、天授人与ノ
  時ナレハ、後害ノ限ニアラサル也、/k33
1)
紂王
2)
伯夷・叔斉のこと
3)
呂尚。太公望とも。
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-01.txt · 最終更新: 2015/12/17 22:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa