Recent changes RSS feed

十訓抄 第十 才芸を庶幾すべき事

10の57 僧徒の勤めには八宗の修学一陀羅尼行者法華持者らなり・・・

校訂本文

僧徒の勤めには、八宗の修学・一陀羅尼行者・法華持者らなり。おほむね、後世の修因なりといへども、公請におもむく日は、今生の能ともいふべし。

天竺・震旦はさておきつ。わが朝にとりても、弘法1)・伝教2)・慈覚3)・智証4)の四大師をはじめ奉りて、菩薩・和尚号をかうぶらるるたぐひ、聖人・権者の名をあらはす振舞、その証多かれども、面々の霊験・行徳、さのみ5)しるしがたし、なかなか少々を抜き選ぶに及ばず。

管絃の徳、神感の例、あらあら上に書けりといへども、うちあることにつきて、なほ申すべし。

村上6)の御時、三条中納言朝忠卿7)、御前にさぶらひけり。弟朝成8)、はじめて昇殿ゆりて、小板敷に候す。

主上、小蔀より御覧ずるに、その貌(かほ)、きはめて憎さげなり。笛を吹くよし、聞こしめして、雲太を賜ひければ、内裏も響くばかり吹きたりけり。

形もたちまちに美麗にぞ見えける。

翻刻

      僧徒ノ勤ニハ、八宗ノ修学一陀羅尼行者法花持者
      等也、大旨後世ノ修因也トイヘトモ、公請ニヲモムク日ハ今
      生ノ能トモ云ヘシ、天竺震旦ハサテヲキツ、我朝ニトリ
      テモ弘法伝教慈覚智証ノ四大師ヲ始奉テ、菩薩和
      尚号ヲカフフラルル類、聖人権者ノ名ヲアラハス振舞、
      其証多カレトモ、面々ノ霊験行徳サクミ注カタシ、中
      中少々ヲヌキエラフニ及ハス、管絃ノ徳神感ノ例粗/k97
      上ニ書リトイヘトモ、ウチアル事ニ付テ猶申ヘシ、
六十一村上御時三条中納言朝忠卿御前ニサフラヒケリ、弟朝成
      始テ昇殿ユリテ小板敷ニ候ス、主上小蔀ヨリ御覧ス
      ルニ、其㒵極テニクサケナリ、笛ヲフクヨシ聞食テ、雲太
      ヲ給ケレハ、内裏モヒヒクハカリ吹タリケリ、形モ忽ニ美
      麗ニソ見エケル、/k98
1)
空海
2)
最澄
3)
円仁
4)
円珍
5)
底本「さくみ」。諸本により訂正。
6)
村上天皇
7)
藤原朝忠。ただし、「三条中納言」は弟の朝成の号。
8)
藤原朝成
text/jikkinsho/s_jikkinsho10-57.txt · 最終更新: 2016/04/07 12:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa