Recent changes RSS feed

十訓抄 第六 忠直を存ずべき事

6の38 光明山といふ山寺に老尼ありけり・・・

校訂本文

光明山といふ山寺に、老尼ありけり。

いかなるにや、日吉、憑き悩まし給ひて、さまざまに託宣ども聞こえける時、ある僧、来あひて、尼の身にうちあはず、心づきなく思えける上(うへ)、奈良の方には、山王いとあがめ奉らぬ習ひにて、「こころみん」と思ひて、この尼に向ひて言ふやう、「まことに大明神あらはれ給ふならば、わが申さんこと、はからひのたまはせよ。わが極楽を願ふ志、深く侍り。いづれの行か、必ず往生の業となり侍るべき。このこと、凡夫の暗き心に、はからひがたくなん侍る」と申す。

尼、言ふやう、「汝、われをこころみむとする志、めざましけれども、なほざりにても、往生の業とて問はんこと、いかでか教へざらむ。所詮は、行は何にてもあれ、衆生の宿執、さまざまなれば、仏の御教へもまた、さまざまなり。いづれも、おろかならず。さして、そのことと定めがたし。信をいたし、功を積むぞ、貴(たつと)かるべき1)。ただし、このことに、いづれの行にも必ず具すべきこと、二つあり。信ずべきならば、言はむ」とのたまへば、この僧、思ふやう、「何事のことかは」と、等閑(なほざり)がてらに言ひ出だしたりつるを、かくげにげにしく、はからひのたまはするに、貴くなりて、「われ、もとより西方の行者なり。早く承りて、深く信ずべし」と申す。

重ねて教へ給ふ。「このことと言ふは、慈悲と質直となり。これを具せざれば、いづれの行を勤むとも、往生を遂ぐこと、きはめてかたし」とのたまふ。

僧、掌(たなごころ)を合はせて、「この二つを具せんこと、難く侍り。いかがつかまつらむ」と申しければ、「二つ具せんこと、なほ難くば、せめて、『慈悲はおろそかなりとも、質直ならん』と思へ。心うるはしからずして、浄土に生まるること、いかにもあるまじ」とぞ仰せられける。

ゆゑに、『維摩経』には、「質直是浄土也」と説き、『法華経』には、「柔和質直者」とも、また、「質直意柔軟2)」とも述べて、心うるはしからむ者、仏を見奉るべきよし、「寿量品」のいくほどならぬ偈の内に、二所(ふたところ)まで教へ給へり。

また、八幡大菩薩、かたじけなくも、「正直の者の頭にやどらん」と誓はせ給ふにあはせて、

  歩(あり)きつつ来つつ見れどもいさぎよき人の心をわれ忘れめや

と詠ませ給へる、頼もしさよ。かかれば、二世の望みを遂げんこと、直しき心にはしくべからず。

翻刻

光明山ト云山寺ニ、老尼有ケリ、イカナルニヤ、日吉、付ナヤ
マシ給テ、サマサマニ託宣トモキコヘケル時、或僧来相テ尼
ノ身ニウチアハス、心ツキナク覚エケルウヘ、奈良ノ方ニハ
山王イトアカメ奉ラヌ習ニテ試ント思テ、此尼ニ向テ
云ヤウ、実ニ大明神アラハレ給ナラハ、我申サン事ハカラヒ
ノ給ハセヨ、我極楽ヲ願志深ク侍リ、イツレノ行カ必
往生ノ業トナリ侍ヘキ、此事凡夫闇キ心ニハカラ
ヒカタクナン侍ルト申ス、尼云ヤウ、汝我ヲ試ムトスル
志メサマシケレトモ、ナヲサリニテモ往生ノ業トテ問/k101
ン事、争カヲシヘサラム、所詮ハ行ハ何ニテモアレ、衆生
ノ宿執サマサマナレハ、仏ノ御教モ又サマサマ也、イツレモヲ
ロカナラス、サシテ其事ト定カタシ、信ヲイタシ功ヲツ
ムソ、タツトアルヘキ、但シ、此事ニ何ノ行ニモ必具スヘ
キ事二有、信スヘキナラハイハムトノ給ヘハ、此僧思
ヤウ、何事ノ事カハト等閑カテラニ云出タリツルヲ、カ
クケニケニシクハカラヒノ給ハスルニ貴クナリテ、我本ヨ
リ西方ノ行者ナリ、早ク承テ深ク信スヘシト申ス、
重テ教給フ、此事ト云ハ、慈悲ト質直トナリ、是ヲ
具セサレハ、何ノ行ヲ勤トモ、往生ヲ遂事キハメテカ
タシトノ給フ、僧掌ヲ合テ此二ヲ具セン事固侍リ、/k102
イカカツカマツラムト申ケレハ、二ツ具セン事ナヲカタクハ、
セメテ慈悲ハオロソカナリトモ、質直ナラント思ヘ、
心ウルハシカラスシテ、浄土ニ生ルル事、イカニモアルマシ
トソ被仰ケル、故ニ維摩経ニハ質直是浄土也ト説、
法華経ニハ、柔和質直者トモ、又質直意柔耎トモ
ノヘテ、心ウルハシカラム者、仏ヲ可奉見ヨシ、寿量品
ノイクホトナラヌ偈ノ内ニ二所マテ教給ヘリ、又八
幡大菩薩忝正直ノ者ノ頭ニヤトラント誓ハセ給
ニアハセテ、
  アリキツツキツツミレトモイサキヨキ、人ノ心ヲワレワス
  レメヤ/k103
トヨマセ給ヘル、タノモシサヨ、カカレハ二世ノ望ヲトケン事、
ナヲシキ心ニハシクヘカラス、/k104
1)
「かるべき」は底本「あるべき」。諸本により訂正。
2)
「軟」は底本「耎」。「軟」の異体字「輭」の誤写。諸本、及び『法華経』により訂正。
text/jikkinsho/s_jikkinsho06-38.txt · 最終更新: 2016/01/29 01:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa