Recent changes RSS feed

十訓抄 第八 諸事を堪忍すべき事

8の2 三条内大臣御もとに客人まうで来たりけるに・・・

校訂本文

三条内大臣1)、御もとに、客人まうで来たりけるに、隣に公重の少将2)の居られたりけるが、この殿の侍と、ものをいひあがりて、大つぶて打ちける。

ものは、そひ給ひたるかたはらの格子を、いとおびただしく打ちたりければ、客人、気色思えけるに、人を召して、「誰(た)が打つぞ」と問はせ給ひければ、「隣の少将の、はかなきことをとがめて、打ち候ふ」と申しければ、うち笑みて、客人に、「内へ入らせ給へ。あやまちもぞ出で来る」とて、われも引き入り給ひけり。

また、のちに打ちたりければ、「かしこくぞ」とばかりうち言ひて、「これ、いかに」と、とがめもし給はず、物語しておはせし。「上臈はかくこそ有るべけれ」と、「いみじくありがたかりし人なり」と、その客人のたまひけるなり。

今の世には、「不覚におはする」とや、そしり聞こえまし。この殿は、無下に道心のおはしけるとかや。

京極大納言雅俊卿3)の、いみじく腹悪しくて、いつとなく歯4)を食ひつめて、怒りておはしけるには、似給はざりける人なり。

翻刻

一三条内大臣御モトニ、客人マフテキタリケルニ、隣ニ公重
  ノ少将ノヰラレタリケルカ、コノ殿侍ト物ヲ云アカリ
  テ大ツフテウチケル物ハソヒ給タル傍ノ格子ヲ、イト
  オヒタタシク打タリケレハ、客人ケシキオホエケルニ、人ヲ
  メシテタカウツソト問セ給ケレハ、隣ノ少将ノハカナキ
  事ヲトカメテ打候ト申ケレハ、ウチヱミテ、客人ニ、内ヘ
  入セ給ヘアヤマチモソ出クルトテ、我モ引入給ケリ、又
  後ニ打タリケレハ、賢クソトハカリウチ云テ、コレイカニト
  トカメモシ給ハス物語シテオハセシ、上臈ハカクコソ有/k6
  ヘケレト、イミシク有カタカリシ人也ト、其客人ノ給ケ
  ル也、今ノ世ニハ不覚ニオハスルトヤソシリ聞ヘマシ此殿ハ
  無下ニ道心ノオハシケルトカヤ、京極大納言雅俊卿ノ
  イミシク腹アシクテ、イツトナクヲクヒツメテ怒リテ
  オハシケルニハ似給ハサリケル人也、/k7
1)
藤原公教
2)
藤原公重
3)
源雅俊
4)
底本「歯」なし。諸本により補う。
text/jikkinsho/s_jikkinsho08-02.txt · 最終更新: 2016/02/20 14:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa